レビュー
» 2015年12月02日 00時00分 UPDATE

Skylake、侵略完了(1):「ALIENWARE 15」の実力を解剖する 〜外観編〜 (1/2)

 エイリアンマークでおなじみのデル製ゲーミングノートPC「ALIENWARE」シリーズが、最新の第6世代Coreプロセッサ“Skylake”を搭載して新登場した。今回は15.6型ディスプレイを搭載する「ALIENWARE 15」にスポットを当ててレビューをお送りする。見せてもらおうか……宇宙最強ゲーミングPCの実力とやらを……!

[山口恵祐(撮影:矢野渉),ITmedia]

ALIENWAREらしい“攻めた”デザインは今もなお健在

 「ALIENWARE」は、デルのゲーミングPCブランドとして一定の知名度を獲得している。PCゲームを嗜むユーザーならば、その存在を知っている者も多いと筆者も肌で感じているが、その知名度向上の一端を担ったのは、誰もが「なんだあれは?」と感じる本体の独特なデザインではないだろうか。

 2009年に国内市場へ参入してから、ALIENWAREシリーズはノートPCとデスクトップPC共に宇宙船をイメージするような他にないデザインを取り入れてきた。筆者も初めてALIENWAREシリーズを見たときに、まるでUFO(未確認飛行物体)を見たかのような衝撃を受けたのを覚えている。

 年を追うごとにデザインの意匠変更などは度々行われてきたが、直線と曲線を組み合わせたアメリカンでビッグなボディ形状、各所に配置された派手なイルミネーション、そしてグレイのエイリアンマークといった目を引く独特のデザインは継承されており、周囲を圧倒する強烈なイメージは健在だ。それらがヘビーゲーマーなどを中心にALIENWAREファンの心をつかんで離さない要因だろう。

ALIENWARE 15 “Skylake”を搭載した新しい「ALIENWARE 15」

 新しいALIENWARE 15も、これまでのモデルを継承したデザインを採用。優れた耐久性を発揮するというカーボンファイバーボディは天板を中心に「エピックシルバー」と呼ばれるカラーリングが施され、見た目においてずっしりとした金属的重厚感がある。

 天板にはトライアドデザインを印象づける三角の意匠とグレイのマークが中央に配置され、イルミネーションで光るようになっている。スリムだとか、スマートといったものとはまた別のベクトルで、格好よく仕上がっているのだ。

エイリアンマーク ALIENWAREシリーズおなじみのエイリアンマーク。これは好みが分かれるところだろうか

 本体サイズは358.8(幅)×270.2(奥行き)×23.9〜34(高さ)ミリ、重さは3.2キロで、スペックを考えれば意外とサイズを抑えているなといった印象だ。基本据え置きで利用するユーザーが多いとは思うが、しっかりしたバックパックなどに収納して持ち歩くのも現実的なサイズ感だろう。

ACアダプター ただし、ACアダプターが巨大で重量は1キロ。本体と合わせて持ち歩くと、総重量は4.2キロにもなる。軽量化を望むより、ユーザーが体を鍛えたほうがいいかも

 ディスプレイを開いて電源を投入すると、ALIENWAREのロゴやエイリアンマークはもちろん、キーボードバックライトやタッチパッド、パームレスト手前の前面部分といった至るところのイルミネーションが点灯し、「これぞゲーミングPC!」という感じで気分を盛り立ててくれる。

タッチパッドのイルミネーション 特にタッチパッドのイルミネーションは全面が点灯するのでかなり目立つ

 イルミネーションは内蔵アプリの「ALIENWARE Command Center」にて、最大20色の中から色の組み合わせを変更したり、点灯するトリガーイベントを設定したりできる。この設定をいじるだけで半日は楽しめそうだ。

メールを受信したら メールを受信したら、指定したイルミネーションを点灯するなんて設定も可能。これってかなり実用的なのでは……普通のノートPCにも欲しいぞ
デル株式会社 デル株式会社

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.