ニュース
» 2015年12月21日 14時04分 UPDATE

古田雄介のアキバPickUp!:日本限定の有望株? アキバで聞く「Radeon R7 360E」の評判 (1/4)

“日本限定GPU”をうたう「Radeon R7 360E」搭載カードが玄人志向から登場した。複数のショップからは「Radeonの中で一番の売れ筋になるかも」との高評価が聞かれる。

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

「R7 360を補助電源フリーにした感じ」――Radeon R7 360Eの評価

 先週は、玄人志向から登場したグラフィックスカード「RD-R7-360E-E2GB-JP」が複数のショップで注目を集めていた。AMDが「日本限定GPU」として発表した新GPU「Radeon R7 360E」を搭載したモデルで、価格は1万3000円弱となる。

og_akibatokka_001.jpgog_akibatokka_002.jpg 玄人志向「RD-R7-360E-E2GB-JP」

 Radeon R7 360Eは既存のR7 360をベースに省電力化したGPUで、コア/メモリクロックは1050MHz/6000MHzと変わらないが、リファレンスカードの消費電力が100ワットから75ワットに下げられるのが特徴だ。R7 360の標準カードでは必要だった6ピン×1の補助電源が不要になり、マザーボードからの給電だけで利用できる。

 エントリー寄りのミドルレンジクラスながら、入荷ショップの評価はおしなべて高い。BUY MORE秋葉原本店は「補助電源なしでオンラインゲームがそこそこ楽しめる性能があって1万3000円。ちょうどこれくらいのカードを探している人は少なくないので、普通にヒットしそうですね。数量限定ながら初回入荷は潤沢ですし、ちょっとしたアップグレード目的に買っていく人は結構いるんじゃないでしょうか」と好意的だった。

 別のショップも「今年の冬のボーナスシーズンはハイエンド系グラフィックスカードを買う人が多いですが、このクラスは完全にNVIDIA一人勝ち状態です。Radeonがとりつくしまはエントリーからミドルレンジの省エネ&低価格モデルのみなんですよね。その中で、比較的好調なR7 360の良さを強化したGPUが出たわけですから、地味ながら確実に売れるでしょう。しばらく供給されればRadeonの中で一番の売れ筋になると思いますよ」とコメントしている。

 なお、Radeonの日本限定GPUとしては、2014年10月に登場した「Radeon R7 250XE」がある。R7 250Xをベースに消費電力とコアクロックを落としたモデルで、当時は「既存のラインアップの隙間に入って、よい具合に売れています」(TSUKUMO eX.)と評価されていた。R7 360Eも同様かそれ以上の売れ行きが期待できそうだ。

og_akibatokka_003.jpg 2014年10月に出回ったRadeon R7 250XE搭載カード「R7 250XE 1G GDDR5 PCI-E MICRO HDMI/DVI-I/MINI DP」

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.