ニュース
» 2016年01月20日 13時54分 UPDATE

ソニー、リビングにもなじむ小型デザイン筐体採用の短焦点プロジェクター「LSPX-P1」

ソニーは、小型デザイン筐体を採用した短焦点プロジェクター「LSPX-P1」を発表した。

[ITmedia]

 ソニーは1月20日、小型デザイン筐体を採用した短焦点プロジェクター「LSPX-P1」を発表、2月13日に販売を開始する。価格はオープン、予想実売価格は本体が9万3000円前後、別売の専用フロアスタンド「LSPX-PS1」が1万9000円前後の見込みだ(税別)。

 手のひら大サイズの超小型筐体を実現したプロジェクターで、独自開発のレンズ/光学モジュールの搭載により短焦点での投写を実現。表示解像度は1366×768ピクセルで、28センチの距離から80型の投写を行うことが可能だ。

photo
photo LSPX-P1

 接続インタフェースはIEEE802.11b/g/nおよびBluetooth 4.0の対応するほか、付属のワイヤレスHDMIユニットの装着でHDMI機器の再生も可能だ。またバッテリー(連続駆動時間は最大2時間)/スピーカーも内蔵。対応スマートフォンに専用アプリをインストールすることで、スマートフォンからプロジェクターの操作を行うことも可能となっている。

 本体サイズは約81(幅)×131(奥行き)×131(高さ)ミリ、重量は約930グラムだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.