ニュース
» 2016年02月09日 16時08分 UPDATE

フレームは世界最薄クラスの約11ミリ:ビジネス向けオールインワンデスクトップPCも“X1”へ 「ThinkCentre X1」発表

レノボ・ジャパンは、ビジネス向けオールインワンPC「ThinkCentre X1」を発表した。

[山口恵祐,ITmedia]

 レノボ・ジャパンは2月9日、ThinkPadのプレミアムモデル「ThinkPad X1」ファミリーの2016年モデルを発表した。

→・タブレット、Yoga、クラムシェル――好きなスタイルを選べる新「ThinkPad X1」ファミリー

 今回、ビジネス向けデスクトップの「ThinkCentre」にも、初めてX1のネーミングを与え、「ThinkCentre X1」としてX1ファミリーに加えた。同日より販売を開始する。レノボ直販のダイレクト価格は23万6000円(税別)から。

「ThinkCentre X1」 「ThinkCentre X1」

 ThinkCentre X1は、フルHD(1920×1080ピクセル)の23.8型非光沢ディスプレイを搭載するオールインワンデスクトップPCだ。フレーム部の厚さは世界最薄クラスの約11ミリを実現。ボディにアルミニウム合金を採用し、オフィスやデザイン性の高い店舗など、あらゆるシーンになじむスタイリッシュなフォルムデザインを採用する。8項目に及ぶMIL規格の品質テストに合格するなど、高い堅牢性も備える。

背面 背面
正面 正面
ky_ThinkCentreX1-04.jpg ディスプレイの可動範囲は-5から45°まで

 基本スペックは、プロセッサがCore i7-6600U(2.6GHz/最大3.4GHz、2コア/4スレッド、3次キャッシュメモリ4MB)、メモリ8GB(8GB×1)、256GB SSDを搭載。本体インタフェースとして、USB 3.0×5(1つは給電対応)、Display Port、イーサネットコネクタ、9-in-1メディアカードリーダ、マイク/ヘッドフォン入出力を備え、ワイヤレス機能としてIEEE802.11ac/a/b/g/n準拠の無線LANとBluetooth 4.1を利用できる。OSは64ビット版のWindows 10 Proを採用し、64ビット版のWindows 7 Professionalへのダウングレードにも対応する。

 本体サイズは約570(幅)×240(奥行き)×451(厚さ)ミリで、重量は最大構成時で約5.41キロとなる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.