ニュース
» 2016年03月07日 14時00分 UPDATE

Cortanaもより賢く:Windows 10の日本語IMEが改善へ――プレビュー版「Build 14279」に実装

Windows 10の最新プレビュー版「Build 14279」は、日本語IMEが改善されたほか、Cortanaのリマインダー強化とサポート言語拡充、Swayのフォトアプリ統合など、比較的大きな更新となった。

[前橋豪,ITmedia]

 米Microsoftは3月4日(現地時間)、Windows 10開発プレビュー版「Windows 10 Insider Preview」の「Build 14279」をWindows Insider ProgramにおけるFast Ring設定ユーザーに公開した。

Windows 10 Windows 10(for PC)のデスクトップ

 この新ビルドでは、日本語IMEが改善されているのが特徴だ。レスポンスが向上して従来よりスムーズな日本語入力が行えることに加えて、さらに多くの予測変換候補が選べるようになった。

 音声対応パーソナルアシスタント「Cortana」では、新たに書籍の名前や、期限のないリマインダー(クルマを洗うことなど)の設定に対応。サポート言語には、スペイン語(メキシコ)、ポルトガル語(ブラジル)、フランス語(カナダ)が加わった。それぞれの地域の食品や発音を考慮したローカライズも行われている。

 Windows 10製品版ではロック画面とログオン画面の背景が別々になっているが、新ビルドでは共通化された。またインタラクティブなレポートやプレゼン資料などを作成・共有できるアプリ「Sway」を「フォト」アプリに統合している。Xboxアプリ(β版)のアップデートも行われた。

 不具合の修正については、プロファイルを移動したユーザーでEdgeとCortanaがクラッシュする問題、Cortanaに完了したリマインダーが表示されたままになる問題、デスクトップにコピーや移動をしたアイテムがデスクトップを手動リフレッシュするまで表示されない問題、Windows Updateで特定のドライブを導入すると一部のPCでブルースクリーンが発生する問題が解決された。

 既知の不具合としては、Surface Pro 3、Surface Pro 4、Surface Bookの一部でフリーズしてキーボードやタッチパッドの操作も受け付けなくなる問題(発生したら電源ボタン長押しで強制再起動)、一部PCでハイバネーションからの復帰に失敗してフリーズやブルースクリーンが発生する問題(修正までハイバネーション無効を推奨)、Kasperskyのセキュリティ対策ソフトが正常に動作しない問題(修正までWindows Defenderや他のソフトを推奨)などが挙げられる。

ブログでの告知 公式ブログでの告知

 Windows Insider Programは、Windowsの最新プレビュー版を一般公開前に試用し、開発側へフィードバックすることで製品改善に役立てるというMicrosoft提供のプログラム。開発者だけでなく、一般ユーザーも参加できる(PC上級者推奨)。

 Windows 10 Insider Previewは、一般公開されているWindows 10より新しいビルドを検証する目的で、Windows Insider Program参加者に配信される開発プレビュー版だ。Windows 10は2015年7月29日に一般公開されたが、継続的なアップデートのため、Windows 10 Insider Previewが更新され続けており、その内容に問題がなければ、製品版のアップデートにも含まれる流れになる。

関連キーワード

Windows 10 | Cortana | 日本語入力


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.