レビュー
» 2016年03月15日 06時00分 UPDATE

バッテリー駆動9時間以上の実力派:11.6型モバイルノートPCが“3万円台”から買える! 優しいデザインと質感が魅力の「New Inspiron 11 3000」に迫る (1/6)

デルの11.6型モバイルノートPC「New Inspiron 11 3000」は、9時間以上のバッテリー駆動やeMMC/SSDのストレージの採用など、低価格でありながら快適に使えるバランスの取れたマシンに仕上がっており、ライトユーザーやサブノートPCを探しているユーザーにオススメだ。

[フォレスト・ヒーロー,ITmedia]
ココが「○」
・11.6型ノートPCが3万円台から購入可能
・約1.2キロと比較的軽い重量
・約10時間のバッテリー駆動時間
・上位モデルが魅力
ココが「×」
・液晶ディスプレイの性能が控えめ
・電源や充電の通電ランプはなし

第2次ネットブックブームの再来か

 一昔前、PCの低価格化を加速させた「ネットブック」ブームは、わずか数年で終わりを迎えた。「持ち運べるノートPCは高価」という常識を打ち破る低価格が魅力で購入したものの、ハードウェアスペックが期待値を下回り、パフォーマンスにストレスを感じたユーザーが多かったのではないだろうか。

 確かにネットブックと呼ばれるジャンルのノートPCは低価格ではあるものの、ディスプレイ解像度(10.1型で1024×576ピクセルなど)、1GBメモリ、Atom Nプロセッサ、3時間程度のバッテリー駆動時間など、基本スペックに不安を感じる要素が多々存在していた。

 では、スマートフォンやタブレットがユーザーに浸透した現在のトレンドはどうだろうか。実は11型クラスのWindows 10搭載ノートPC「HP Stream Notebook 11」や「ASUS VivoBook E200HA」など、小型のノートPCが実売3万円前後で続々と登場しているのだ。

 米国に目を向けると、これらモデルのエントリープライスは“179ドル”(1ドル114円換算で約2万円)程度まで低価格化が進み、日本市場より競争が激化している。Googleの「Chromebook」が普及しつつあるなど、日本と市場背景が異なるとはいえ、この流れは強烈だ。一時代を超えて今再び「安価・小型・軽量」をアピールする“第2次ネットブックブーム”が起きつつあるといえるだろう。

 今回取り上げるデルの11.6型ノートPC「New Inspiron 11 3000(3162)」は、2月9日に3万円台から購入できるモバイルノートPCとして発売された。11.6型(1366×768ピクセル)ワイド液晶、OSには64bit版Windows 10 Homeを採用する。

New Inspiron 11 3000 「New Inspiron 11 3000」

 ラインアップは「エントリー」モデル(Celeron N3050(1.6GHz/最大2.16GHz、2コア/2スレッド、2次キャッシュ2MB)/メモリ2GB/32GB eMMC搭載、3万4980円)と、「エントリー・プラス(128GB SSD 搭載)」モデル(Pentium N3700(1.6GHz/最大2.4GHz、4コア/4スレッド、2次キャッシュ2MB)/メモリ4GB/128GB SSD搭載、4万9980円)2タイプを展開する。

 どちらも重量は1.2キロと比較的軽量に抑えながら、公称値で最大10時間15分のバッテリー駆動が可能だ。単純比較はできないが、プロセッサやメモリ、ストレージ、バッテリー駆動時間など、ネットブックの不安要素をスペック上は、払拭しているようだ。

 歴代のInspiron 11 3000シリーズは、個人向けのエントリーノートPCに位置付けられ、2in1スタイルやタッチパネル搭載モデルなど、少し凝ったギミックを持つモデルが展開されてきた。今回のNew Inspiron 11 3000は、タッチ非対応の“クラムシェルタイプ”というスタンダードへ原点回帰し、その分の価格を抑えることで先行するライバル機を追撃する。

New Inspiron 11 3000 低価格機とは思えない質感だ

 なお、Inspiron 11 3000シリーズ2-in-1(3157、2015年発売)は併売されるため、ラインアップは拡大、エントリークラスの層が強化された形となる。※Inspiron 11 3000は新旧モデルが同一名称のため、モデル番号(3162)を記載した。モデル番号は、デル直販サイトで見積取得時に確認できる。

 今回は上位モデルであるエントリー・プラス(128GB SSD 搭載)を用意した。カラーバリエーションは「アルペンホワイト」と「タンゴレッド」の計2色を展開しているが、レビュー機はアルペンホワイトとなる。ではガッツリと実機を確認していこう。

デル株式会社

       1|2|3|4|5|6 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.