ニュース
» 2016年04月01日 00時00分 UPDATE

ワコムの筆圧ペンがSurfaceやVAIOで使えるようになる?

近い将来、「アクティブES方式」と「Microsoft Pen」の両プロトコルに対応したデジタルペンがワコムから登場するかもしれない。

[ITmedia]

 ワコムは3月31日、米Microsoftから「Microsoft Pen」プロトコルのライセンス供与を受けることで合意したと発表した。

 Microsoft Penとは、MicrosoftがイスラエルのデジタルペンメーカーであるN-Trigを買収して手に入れた技術であり、Surfaceシリーズ(Pro 3)以降の筆圧対応ペン「Surfaceペン」に採用しているものだ。N-Trigのデジタルペンは、VAIO ZやVAIO Z Canvasにも用いられている。

 今回のライセンス供与を受けて、ワコムは独自の「アクティブES方式(静電結合方式)」と、Microsoft Penの両方のプロトコルを1本のデジタルペンに搭載することが可能になる。ワコムは、2016年の年末商戦の導入を目指し、両プロトコル対応のペンを開発する計画だ。

 これにより、MicrosoftがWindows 10の次期大型アップデート「Anniversary Update」(2016年夏の公開予定)で加わる「Windows Ink」機能を使う際の利便性が高まり、ワコムが推進する「Universal Pen Framework(UPF)」の一層の普及が見込まれる。

アクティブES方式 アクティブES方式を採用したワコムのデジタルペン「Bamboo Smart」 ※写真は現行製品でMicrosoft Penは非サポート
Windows Ink 2016年夏に提供予定のWindows 10次期大型アップデート「Anniversary Update」には進化した手書き入力機能「Windows Ink」が用意されている

 ワコムは2014年から、アクティブES方式に基づくソリューションをOEM各社に提供しており、NECパーソナルコンピュータ、HP、Dell、東芝、lenovoなどが同方式のデジタルペンを2in1デバイスやタブレットに採用してきた。アクティブES方式は、電磁誘導(EMR)方式に迫る筆圧検知や追従性を低コストに実現する。

 一方、ワコムはUPF 2.0として複数プロトコルに対応したペンの開発を進め、タッチコントロールICメーカー、ディスプレイデバイスメーカー、プラットフォーム開発業者などとともに、異なるデジタルペンプラットフォーム間の互換性確保を進めている。

 今回の合意でワコムは、アクティブES方式とMicrosoft Pen方式を含む複数プロトコルに対応したデジタルペンのソリューションを製造可能になり、実際に製品が投入されれば、ユーザーの利便性も高まりそうだ。例えば、ワコムが販売する単体のデジタルペン製品をSurfaceやVAIOで利用可能になることが期待される。

Surface Pen Microsoft Penプロトコルを採用したSurfaceペンが付属する「Surface Book」

関連キーワード

ペン | ワコム | Microsoft | デジタルペン | Windows 10


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう