ニュース
» 2016年04月04日 21時39分 UPDATE

東芝アメリカ、グループ会社のOCZを統合 OCZの名はサブブランドとして継続

東芝グループの一員だったOCZが、東芝アメリカに完全統合する。OCZはサブブランドネームとして継続する。

[山口恵祐,ITmedia]

 Toshiba America Electronic Components(TEAC)社は4月1日(米国時間)、グループ会社のOCZストレージソリューションを完全統合すると発表した。OCZブランドは同社SSD製品のサブブランドとして継続する。

 SSD製品の開発や製造、販売を行うOCZストレージソリューションは、2014年1月24日の買収により東芝グループとなっていた。今回の統合により、東芝製チップを採用する製品開発が迅速かつより円滑に行えるとしている。日本およびアジア・太平洋地域における新体制は後日発表とのこと。

 なお、3月中に発売を予定していた「Trion 150」の市場投入遅れについては、本統合における販売経路の再契約を理由に謝罪している。

関連キーワード

OCZ Technology | 東芝 | アメリカ | SSD | ストレージ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう