連載
» 2016年05月06日 15時00分 UPDATE

石井英男の「週刊Gear VR」(第1回):据え置き機と遜色なし!「GALAXY×Gear VR」で気軽に楽しめる“VR”の世界 (1/3)

VR元年といわれる2016年――さまざまなVR製品が市場に登場しているが、モノが高価だったり、ハイスペックPCが必要だったりと、いわゆる“フツー”の人が遊ぶにはまだまだハードルが高いのが現状だ。そこで注目したいのがGALAXYスマートフォンと組み合わせて使う「Gear VR」である。本連載では、Gear VRで実際にどんなアプリが楽しめるのかを紹介していこう。

[石井英男,ITmedia]

なぜVRが話題なのか

 IT業界で、いま注目が集まっているキーワードの筆頭として挙げられるのが「VR(Virtual Reality)」であろう。日本語では「人工現実感」や「仮想現実」などと訳される。要するに、CG(コンピュータグラフィックス)などによって作り出された仮想的な世界の中に、人間が入りこんだような体験を得られるものだ。

 VR自体は決して新しい言葉ではなく数十年前から使われていたのだが、最近話題となっている理由は、VRには欠かせないHMD(ヘッドマウントディスプレイ)の低価格化、高性能化が進んだためである。HMDとはその名の通り、頭に装着して利用するディスプレイのことである。数年前まで、ヘッドトラッキングなどの機能を備えたVR HMDは数十万円以上していたものだが、2016年に入ってから「Oculus Rift」や「HTC Vive」といったコンシューマー向けVR HMDが10万円前後で購入できるようになったことで、個人でもVRを楽しめる環境が整いつつある。

 特に2016年は、PCと接続して利用するOculus RiftやHTC Viveの一般販売が開始されただけでなく、プレイステーション4用のVR HMD「PlayStation VR」が10月に発売予定ということもあって、幅広い層にVRが認知される、まさにVR元年になるはずだ。

Galaxy S6/S6 edgeユーザーなら、約1万5000円の投資でVRが楽しめる

 本連載では、スマートフォンを装着して動作するサムスンのVR HMD「Gear VR」で利用できるアプリを毎週1本ずつ紹介していく予定だが、今回は第1回なのでGear VR本体を紹介しておこう。Gear VRは、サムスンがOculus Riftの開発元であるOculus VRと共同で開発したVR HMDであり、サムスンのGalaxy S6/S6 edgeに対応している(Gear VR自体はGalaxy Note 5やGalaxy S6 Edge+にも対応しているが、これらの機種は日本では正式販売されていない)。

Gear VR本体外観 Gear VR本体の外観。本体重量は約318グラム(スマートフォンを除く)である。Gear VRのパッケージにはGear VR本体と頭に固定するためのバンドが含まれている

 Gear VRの最大のメリットは、価格の安さと手軽さだ。例えばVRブームの立役者となったOculus Rift製品版の価格は9万4600円(送料、税込)だが、Oculus Riftを利用するには高性能なPCを別途用意する必要がある。VRでは右眼用と左眼用にそれぞれ別々の映像を表示して3D表示を行うため、PCのスペックに対する要求も高い。

 Oculus Riftを快適に利用するには、いわゆるゲーミングPCクラスのPCが必要であり、合計金額は20万円を大きく超える。HTC Viveについても同様だ。それに対し、Gear VRは単体で1万5000円を切る価格設定となっている。

 つまり、既に対応スマートフォンであるGalaxy S6/S6 edgeを持っている場合は、一般的なゲームタイトル2本分くらいの投資でVRが楽しめるのだ。対応スマートフォンを新たに購入する場合でも、Oculus Rift本体を買うよりかなり安い。手軽さの面でも、Oculus RiftはHDMIケーブルやUSBケーブル2本のケーブルをPCと接続する必要があり(HTC Viveではさらに電源ケーブルも必要なので合計3本を接続する)、さらにポジショントラッキング用のカメラもセットする必要があるなど、セッティングがかなり面倒だ。

 Gear VRならスマートフォンを装着するだけでOK。ケーブルも不要なので、頭を自由に動かしたり、身体を回転させたりしても、ケーブルが絡まってしまうことはない。

Gear VRの左側面 Gear VRの左側面には、Oculusロゴも書かれている
Gear VRの右側面 Gear VRの右側面には、タッチパッドやボリュームボタン、バックボタンが用意されている
Gear VRの底面 Gear VRの底面には、給電用のMicro USBポートが用意されている
Gear VRの顔装着面 Gear VRの顔装着面。レンズとレンズの間には近接センサーがあり、顔に装着すると自動的に電源が入る
Gear VRの上面 上面にはフォーカスを調整するためのダイヤルが用意されている
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう