まとめ
» 2016年05月18日 06時00分 UPDATE

どれが描きやすい? プロによる液晶ペンタブ端末レビュー4選

実際に描いてみないと実力が分からない液晶ペンタブレット端末。プロのレビューを参考にして、使い勝手のいいモノを選びたい!

[ITmedia]

 「iPad Pro」や「Apple Pencil」、「VAIO Z Canvas」などの液晶ペンタブレット端末。イラストや漫画のプロが使うと、どのような使い心地なのでしょうか。今回はプロがプラスとマイナス両面からレビューした記事を紹介します。購入を考えている人はぜひ参考にしてください。

Cintiq使いのプロが見た「iPad Pro」の優秀さと限界

ペンタブ イラスト 比較 「iPad Pro」と「Apple Pencil」

 ワコムの液晶ペンタブレットPC「Cintiq Companion」ユーザーのイラストレーターが、「12.9型iPadPro」と「Apple Pencil」の組み合わせを検証。

 プラス面は「紙に描く描き心地が良い」「Pencilの充電が速い」「寝転がって描ける」とのこと。マイナス面は「ペンの感触が硬い」「パームリジェクション(手のひら認識)が完璧ではない」「ホバリング(ペンを浮かせた)時のカーソル表示がない」がイマイチのようです。

 描き込みのスピードや精度が少し気になりますが、下描き、下塗りは問題なくプロでも活用できるとの評価です。

iPad Proを漫画家が“液タブ”として使ってみた

ペンタブ イラスト 比較 標準アプリの「メモ」でサラッと試し書き

 こちらは週刊少年誌で連載中の漫画家が、12.9型iPad ProとApple Pencilをレビュー。

 Macで愛用している漫画制作ソフト「CLIP STUDIO PAINT」(通称:クリスタ)をOSが違うiPad Proで使うために、iOS用アプリ「Astropad」でMacの画面をiPad Proにミラーリングするというテクニックを披露しています。

 Apple Pencilの描き味は抜群で、ディスプレイの視差が極めて少なく、ペン入れは問題ないとのこと。シャシャシャと書くとタイムラグやミスタッチが気になり、ブロックノイズも出る点がマイナスですが、サブの制作環境としては十分使える製品との評価です。

 液晶の美しさや視差の少なさ、タッチインタフェースはレベルが高く好印象です。

Cintiq使いの漫画家が「VAIO Z Canvas」をレビュー

ペンタブ イラスト 比較 「VAIO Z Canvas」のタブレットPC本体と分離型のワイヤレスキーボード

 「VAIO Z Canvas」は、液晶ペンタブレットPCとして圧倒的な性能を誇る製品です。良い点は「視差が小さく紙の感覚に近い」「画面の端でもペンの検出精度が高い」「広色域・高精細の12.3型3:2液晶ディスプレイ」「PC向け4コアCPUなど高性能を小型ボディーに凝縮している」ところが挙げられます。

 それに対してマイナス点は「ホバー(ホバリング時)の追従性」「非常に軽いタッチの描画は苦手」「値段が高額」とのことです。

漫画家による液晶ペンタブ「Cintiq Companion 2」徹底検証

ペンタブ イラスト 比較 ワコムの「Cintiq Companion 2」

 ワコムのクリエイター向け13.3型液晶ペンタブレットPC「Cintiq Companion 2」は、VAIO Z Canvasに次ぐ高性能なモデルです。良いところは「プロユースで実績がある電磁誘導方式の安定した描き味」「Cintiq Connectに対応し、通常の液晶ペンタブレットと同じようにPCやMacにつなげられる」「タブレットとして高レベルなスペック」といった点です。

 マイナス点は「値段が高め」「視差が比較的ある」「画面比率16:9で縦が狭い」「できれば最新世代のプロセッサを採用してほしい」といったところ。普段からワコムのペンタブレット製品に慣れているユーザーは、チェックしておきたい製品です。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.