レビュー
» 2016年06月17日 15時40分 公開

なんだか“ドラレコ”なヤツを試してみよう:見た目よし、画質よし、使い勝手よし、価格は8999円! 「高感度ドライブレコーダー」に上海問屋の本気を見た (1/3)

上海問屋から、2.31型のディスプレイを備えるハイスペックなドライブレコーダーが8999円というお手頃価格で登場した。「安かろう悪かろうじゃないの?」実際に試したら……。

[山口恵祐, 撮影:矢野渉,ITmedia]

ドライブレコーダー、付けてます?

 PC USER読者の皆さんは、自分の車に「ドライブレコーダー」を取り付けているだろうか。走行中の映像を常時撮影しておけば、万が一の事故やアクシデントに巻き込まれた際に役立つ(かも)、ということですっかり一般的になったカーグッズだ。タクシーやバスなどでは今や標準装備となっている。

上海問屋の「高感度ドライブレコーダー」 上海問屋の「高感度ドライブレコーダー」

 しかし、「あれば安心、だが必須ではない」ということもあり、個人ユーザーの場合は、よほど意識を高く持っている人でなければ、なかなかキッカケがないと導入には至らないモノでもある。とはいえ保険と一緒で何かあってからでは遅いのも事実。YouTubeで「ドライブレコーダー」と検索してみれば、興味深い動画がいくらでもチェックできる。

 筆者はガジェット好きなので、ドライブレコーダーのような小物製品かつ自動車に関連するものは大好物だ。今回は上海問屋が発売している「高感度ドライブレコーダー」を試用する機会を得たので、正直な使用感をお伝えすることにしよう。……これは、買いだ!

ドライブレコーダーで大事なことって?

 上海問屋が現在ラインアップしているドライブレコーダーは、「赤外線ライト4灯 ミニ」「ルームミラー型」「バイク用」の計3つだ。そこに今回の「高感度ドライブレコーダー」が加わり、計4つのラインアップとなった。

 まずはドライブレコーダーを購入する上で大事なことを考えてみよう。1つ目は映像の質だ。周囲の状況を把握するために、自動車のナンバープレートや信号機の色などを確実に捉える必要がある。より広い範囲を撮影できる視野角や、夜間やトンネル内といった場所で重要な暗所性能も欲しい。「ただ写っていればいい」というわけではないのだ。

 2つ目はカメラ本体の取り回しだ。限られたスペースの車内にカメラを取り付ける場合、できるだけボディーはコンパクトであるほうが望ましい。特にドライブレコーダーのようなフロントガラス周辺に取り付けるグッズは、前方の視界を遮らないよう配慮する必要がある。国土交通省の「道路運送車両の保安基準」第39条によれば、フロントガラスの上部20%以内または視界の邪魔にならないバックミラーの裏側にドライブレコーダーを装着する必要があると記載されている。また、車内における電源ケーブルの取り回しも注目したいポイントだ。

 他にも、衝撃を感知した場合に動画ファイルが上書きされないよう保護する機能や、場合によっては音声録音も必要かもしれない。このような点に注意しながら製品をチェックすれば、おのずとベストな製品が選べるのではないだろうか。

→【PR】PC USER特設ページ「ニーハオ!!上海問屋」
小粋で便利な周辺機器やAV製品から、おもしろUSBメモリまで、多彩な製品がここに集結!! “上海パンダ”がお出迎え


       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう