ニュース
» 2016年09月21日 11時57分 UPDATE

リコー、手のひらサイズの軽量短焦点プロジェクター「RICOH PJ WXC1110」

リコーは、小型軽量筐体を採用した短焦点プロジェクター「RICOH PJ WXC1110」を発表した。

[ITmedia]

 リコーは9月21日、省スペース設計の短焦点プロジェクター「RICOH PJ WXC1110」を発表、9月30日に販売を開始する。価格はオープン、予想実売価格は8万2000円(税別)。

 本体重量約450グラムの小型軽量筐体を採用したDLPプロジェクターで、LED光源を採用し2万時間(エコモード時で3万時間)の長寿命を実現した。短焦点設計となっているのも特徴で、90センチの位置から50型投写を行うことが可能だ。

photophoto RICOH PJ WXC1110

 表示解像度は1280×800ピクセルに対応。映像入力はHDMI(MHL 2.0対応)、アナログD-Subを備えるほか、USB/MicroSDカードスロットも装備しておりUSBメモリ/MicroSDカードも使用できる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう