ニュース
» 2016年09月27日 11時53分 UPDATE

ドスパラ、自作PCセット「パーツの犬モデル」にMini-STXベアボーン採用小型モデルを追加

ドスパラは、同社販売の自作PCセット「パーツの犬モデル」の新モデル「パーツの犬モデル107」を発表した。

[ITmedia]

 ドスパラはこのほど、同社販売の自作PCセット「パーツの犬モデル」の新モデル「パーツの犬モデル107」を発表、販売を開始した。

Mini-STXマザーボード採用ベアボーンキット(ASRock製「DeskMini 110/B/BB」)を採用したセットで、プロセッサとしてPentium G4400またはCore i3-6100を選択可能。標準構成時でメモリはDDR4 4GB、ストレージは500GB HDD、光学ドライブはUSB 2.0外付けDVDドライブを付属。OSはWindows 10 Home DSP版となっている。価格は4万3528円から(税別)。

photo パーツの犬モデル107

関連キーワード

ドスパラ | 自作 | Core i3 | Pentium | Windows 10


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう