ニュース
» 2016年10月22日 15時18分 UPDATE

週末アキバ特価リポート:BungBungame「KALOS 2」が税込み3万8800円 (1/2)

今週末はハイスペックタブレット「KALOS 2」がスポットで出回り、話題を集めている。8月末にインパクトを与えた「Photon 2」に続く、“BungBungameの遺産”第二弾といえる。

[古田雄介,ITmedia]

8コアCPU搭載&有機ELパネル採用のハイスペックタブレットがスポット入荷

 東映無線系列店は、今週末からBungBungameの10.1型タブレット「KALOS 2」を現金特価税込み3万8800円で売り出している。

スポット入荷したBungBungame「KALOS 2」

 KALOS 2は2016年4月に登場したAndroid端末で、Samsungの8コアCPU「Exynos 7420」や3GB DDR4メモリ、64GB eMMCなどを搭載している。パネルは2560×1600ピクセルの有機ELを採用。5800mAhのバッテリーを内蔵しつつ、本体重量は約430gに抑えている。

 8月末にスポット入荷して以来好評な「Photon 2」とともに、台湾BungBungameがリリースした最後のハイスペックタブレットとして知られる存在だ(※同社は2016年8月にトップが急逝しており、以後の開発の動きはみられない)。

 テクノハウス東映は、「バリバリゲームができて軽いAndroidタブレットということで、知る人ぞ知るモデルですね。Windows 10搭載のPhoton 2ほどの反響が得られるのかは未知数ですが、コアユーザーには確実に刺さると思います」と自信をのぞかせる。入荷数は少なめとのことで、仮にPhoton 2並みの売れ方をしたら「あっという間に在庫切れになるでしょう」と話す。

 なお、Photon 2は中国語OS版が再入荷しており、そちらは現在も比較的潤沢に在庫している。

中国語OS版の「Photon 2」。同店の税込み価格は2万3280円

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう