ニュース
» 2016年11月07日 18時47分 UPDATE

古田雄介のアキバPickUp!:アナログ入力キーボード「REALFORCE 108UH-ANLG」がアキバで話題に (1/4)

キーの押し具合が反映できるアナログ入力対応の日本語キーボード「REALFORCE 108UH-ANLG」が登場。ゲーマーやDTMユーザーなど、様々な属性の人々の注目を集めている。

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

「REALFORCE 108UH-ANLG」が登場! 税込み2万9800円でも好調な売れ行き

 先週、入力デバイスでとくに注目を集めていたのは、東プレの108日本語キーボード「REALFORCE 108UH-ANLG」だ。USB接続の静電容量方式タイプで、税込み価格は2万9800円となる。

 最大の特徴はアナログ入力に対応しているところ。一般的なデジタル入力とは違い、押し具合を感知できる仕組みで、「キーボードモード」と「マウスモード」「MIDIモード」「ゲームコントローラモード」の4モードを用意している。

東プレ「REALFORCE 108UH-ANLG」

 キーボードモードは押下して入力が成立する位置を3段階で調整でき、マウスモードは矢印キーでマウスカーソルが動かせるようになる。押し具合で動く速度の微調整が可能だ。MIDIモードはDTMソフトに対応し、MIDIキーボードとして入力のニュアンスが反映できる。ゲームコントローラモードは名前の通り、ゲームコントローラとして使えるモードで、Dinput/Xinputに対応したゲームで使える。

 入荷したパソコンSHOPアークは「高価なモデルですが、ゲーマーさんやDTMユーザーさんなど様々な人たちの一部から熱烈に注目されていますね。ネット注文も含めてかなり注文が入っています」と話していた。

 一方、同じく入荷したドスパラ パーツ館は「関心を持つ方は多いですが、まだ様子見の空気が多いかなという印象です。売り出してからどう動くか注目したいですね」と、ブレイクはこれからという見方をしていた。

REALFORCE 108UH-ANLGのキースイッチ。複数の役割を担うため、刻印が多い

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.