ニュース
» 2016年11月15日 15時59分 UPDATE

EIZO、600万画素表示に対応した医用30型ディスプレイ「RadiForce RX660」

EIZOは、読影作業の効率化などに貢献する医用画像表示向け30型ディスプレイ「RadiForce RX660」を発表した。

[ITmedia]

 EIZOは11月15日、読影作業の効率化などに貢献する医用画像表示向け30型ディスプレイ「RadiForce RX660」を発表、2017年2月15日に発売する。価格はオープン。

 アスペクト比16:10となる3280×2048ピクセル表示に対応したIPSパネル採用の30型ワイド液晶ディスプレイ。従来一般的であった、ディスプレイ2台を並べての複数画像表示を1台に集約できる新機能「Work-and-Flow」を搭載しているのが特徴で、1画面に他のディスプレイ画面の表示を自由な位置に重ねられるPinP(ピクチャー・イン・ピクチャー)機能となる“Hide-and-Seek”機能や、1組のマウス/キーボードで複数PCの画面をシームレスに操作できる“Switch-and-Go”機能などを利用可能となっている。

photo RadiForce RX660

 また本体の省スペース化も合わせて実現、従来モデルの「RX650」比で幅を約9.5mm、奥行き56.5mmスリム化したほか、従来は外付けACアダプタとしていた電源を本体側に内蔵したのも特徴となっている。

関連キーワード

ディスプレイ | EIZO | 医用画像 | PinP | 省スペース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう