ニュース
» 2017年01月10日 12時40分 UPDATE

古田雄介のアキバPickUp!:Intel新世代CPUの売れ行きや評判は? アキバ自作街の反応 (2/4)

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

Intel 200シリーズ搭載マザーも一斉デビュー!

 Kaby Lake-Sにあわせて、対応チップセット「Intel 200シリーズ」(Z270/H270/B250)を搭載したマザーボードも各社から登場している。初回のラインアップが最も多いZ270マザーは税込み1万円台後半から2万円台のモデルが多く、高付加価値帯になるとASUSTeK「ROG MAXIMUS IX FORMULA」(税込み5万5000円前後)のような製品も店頭に並んでいる。

 H270マザーは同1万円台中ばから、B250マザーは同9000円前後から選べる。また、ASRockからはmini-ITXサイズの「Z270M-ITX/ac」(同2万2000円前後)と「H270M-ITX/ac」(同1万8000円弱)も初回から登場している。

TSUKUMO eX.のマザーボード売り場

パソコンSHOPアークのマザーボード売り場

パソコン工房 秋葉原BUYMORE店のチップセット一覧表

 Intel 200シリーズはZ170/H170/B150などのIntel 100シリーズの後継にあたり、PCI Express(3.0)レーン数が増え、M.2スロットが構成しやすくなったなどの特徴がある。前世代との互換性も維持しており、Skylake世代との組み合わせも可能だ。ただし、Kaby Lakeとの組み合わせでは、対応OSは64bit版Windows 10のみとなる。

「Kaby Lakeとの組み合わせでは」を追記しました(1月12日)

 TSUKUMO eX.は「初回から幅広いラインアップが登場したので、Core i7-7700Kと組み合わせて使うという人から、小型マシンを組みたいという人まで幅広いフォローできる感じですね。正常進化という感じなので順調に以降していくと思います」と話していた。

 なお、今回はCPUやマザーボードを単品で買う人が多くのショップで目立っているそうだ。ドスパラ パーツ館は「互換性が高いので、とりあえずどちらか気になるものを試してみようという人が多いのかもしれません」と話していた。

「ROG MAXIMUS IX FORMULA」でCore i7-7700KをOCしていたオリオスペックのデモ機。5GHzで安定動作していた

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう