ニュース
» 2017年01月17日 11時00分 UPDATE

2017年PC/タブレット春モデル:レノボ、コンシューマー向け2in1 PC「YOGA 910」「ideapad MIIX510」を発売 Web直販はよりハイスペックな構成に

レノボが、コンバーチブルタイプの2in1 PC「YOGA 910」と、デタッチャブルタイプの2in1 PC「ideapad MIIX510」を発表した。いずれも店頭販売されるが、Web直販ではよりスペックの高い構成を購入できる。

[井上翔,ITmedia]

 レノボ・ジャパンは1月17日、コンシューマー向け2in1 PC「Lenovo YOGA 910」と「Lenovo ideapad MIIX510」を1月20日に発売することを発表した。

(記事中の価格はすべて税別)

Lenovo YOGA 910

 YOGA 910はコンバーチブルタイプの2in1 PCで、「Lenovo YOGA 900」の後継機種となる。第7世代Core iプロセッサ(Kaby Lake)を搭載し、高級感のあるスリムな金属ボディーが大きな特徴だ。ボディーカラーはプラチナシルバーとシャンパンゴールドの2色で、Web直販価格は15万5500円からとなる。

Lenovo YOGA 910(プラチナシルバー) Lenovo YOGA 910(プラチナシルバー:写真はUSキーボードだが、製品版では日本語キーボードとなる)
Lenovo YOGA 910(シャンパンゴールド) Lenovo YOGA 910(シャンパンゴールド:写真はUSキーボードだが、製品版では日本語キーボードとなる)

 店頭販売モデルは、CPUにCore i5-7200U(2.5〜3.1GHz)を採用。8GBのメインメモリ(DDR4、オンボード)と256GBのSSD(PCI Express接続・NVNeタイプ)を搭載する。ディスプレイは13.9型IPS液晶(光沢あり、マルチタッチ対応)で、解像度はフルHD(1920×1080ピクセル)となる。先代と比較して画面サイズは大きくなったが、狭額縁デザインとすることで、ボディーサイズはわずかに小さくなっている。OSはWindows 10 Homeで、Office Home & Business Premium(Office 365サービス付き)を付属している。

 ボディーサイズは323(幅)×224.5(奥行き)×14.3(高さ)mmで、重量は1.38kg。バッテリーの駆動時間はJEITA 2.0基準で15.9時間(フルHD液晶モデル)または11.5時間(4Kモデル、後述)だ。

 端子類はUSB 3.0 Type-C×1(HDMI出力兼用)、USB 2.0 Type-C(Power Delivery対応)、USB 3.0 Type A×1(Powered USB対応)、イヤフォンマイク×1を備えている。充電用アダプターはPower Deliveryに対応するUSB 2.0 Type-C端子に接続する。

 ステレオスピーカーはJBL(Harman)製で、「Dolby Audio Premium」によるサウンド拡張に対応している。パームレストにはタッチ式の指紋認証センサー(Windows Hello対応)を内蔵している。

Web直販モデル

 Web直販では、以下の3種類の構成を選択できる。

  • 構成1:選択できる。店頭販売モデルと同一スペック
  • 構成2:CPUをCore i7-7500U(2.7〜3.5GHz)に強化
  • 構成3:構成2をベースに、メインメモリを16GB、SSDを512GB、ディスプレイ解像度を4K(3840×2160ピクセル)に強化

 いずれの構成もプラチナシルバーとシャンパンゴールドの2色を用意している。ただし、店頭販売モデルとは異なり、Officeは付属しないことに注意しよう。

Lenovo ideapad MIIX510

 Lenovo ideapad MIIX510は、キーボードを取り外せるデタッチャブルタイプの2in1 PCで、第6世代Core iプロセッサ(Skylake)を搭載している。「ideapad MIIX700」と「ideapad MIIX 310」の中間モデルという位置付けだ。Web直販価格は12万5000円からとなる。

Lenovo ideapad MIIX510 Lenovo ideapad MIIX510(写真はUSキーボードだが、製品版では日本語キーボードとなる)

 店頭販売モデルは、CPUにCore i3-6100U(2.3GHz)を搭載するモデルと、Core i5-6200U(2.3〜2.8GHz)を搭載するモデルの2種類を用意する。メインメモリは4GB(DDR4、オンボード)、SSDは128GB(Core i3モデル)または256GB(Core i5モデル)を搭載する。SSDは両モデルともにPCI Express接続のNVMeタイプとなる。ディスプレイは12.2型のIPS液晶で、解像度はWUXGA(1920×1200ピクセル)となる。デジタイザーペン「Active Pen」に対応しており、本体に1本付属している。OSはWindows 10 Homeで、Office Home & Business Premium(Office 365サービス付き)を付属している。

 端子類はUSB 3.0 Type-C×1(HDMI出力兼用、Power Delivery非対応)、USB 3.0 Type A×1、イヤフォンマイク×1、電源入力×1を備えている。

 本体の単体サイズは301.9(幅)×203.1(奥行き)×10.1(高さ)mmで、重量は880g。キーボード装着時のサイズは303.9(幅)×205.1(奥行き)×16.1(高さ)mmで、重量は1.26kg。バッテリーの駆動時間はJEITA 2.0基準で5.1時間となる。

Web直販モデル

 Web直販でも、Core i3とCore i5の2モデルを用意している。ただし、店頭販売モデルと以下の点が異なる。

  • 両モデル共通:Officeが付属しない
  • Core i3モデル:SSDを128GB→256GBに増量
  • Core i5モデル:メインメモリを4GB→8GBに増量

関連キーワード

レノボ | Lenovo YOGA | 2in1 | 直販限定モデル


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう