レビュー
» 2017年03月30日 11時00分 UPDATE

プロも絶賛:ラノベ作家になりたい? よろしいならば一太郎だ (1/6)

「書くこと」にこだわった一太郎2017。人気ライトノベル作家のカミツキレイニー氏に最新版の率直な感想を聞いた。

[瓜生聖,ITmedia]

2017で変わった「書くこと」へのこだわり

 日本を代表する老舗の国産ワープロソフト「一太郎」シリーズの最新版、「一太郎2017」。一太郎の前身とも言えるJS-WORDの発表から33年。すでに機能は十分すぎるほどだ。これ以上の機能追加はバージョンアップの理由付けにしかならない、誰も使わない機能しかないのではないか、と思っていた人も多いのではないだろうか。

 筆者自身、そのように考えていた時期もあった。だが、実際に使ってみてそれが誤りであることに気づかされた。一太郎2017はここ数年の中でも非常に大きな革新を遂げた、1つのマイルストーンとなるバージョンだ。それはユーザーのフィードバックを反映させた「ものを書く道具」としてのワープロソフトのあり方を示すものだった。

 今回、人気ライトノベル作家であるカミツキレイニー氏に最新一太郎に対する率直な感想を聞く機会を得たが、インタビューの前に注目機能をおさらいしておこう。


「できる」と「簡単にできる」の違い

 一太郎2017は発売前からネットで話題に上がっていた。それは「一太郎2017は同人小説書きを狙い撃ちにきている」というものだった。

一太郎2017は発売2カ月前から同人小説書きに最適、と話題になっていた

 ワープロソフトであれば当然、小説の執筆にも使えるはず。そこをあえて「小説書きを狙い撃ちにきている」とまで言わしめる理由、その1つは「やろうと思えばできる」ではなく、「やりたいことが簡単にできる」という点にこだわった製品であることだ

 人によって便利と感じるポイントは異なると思うが、ここでは3つ挙げる。

1、オーダーメイド機能

 使いやすい、という感覚はユーザーによって異なる。同じインタフェースであっても、自分が慣れているかどうか、自分の思考・行動パターンに沿ったものかどうかで大きく変わってくるからだ。そのため、万人がよい、とするインタフェースを作ることは無理な話だ。

 一太郎2017ではユーザーに合わせた画面、操作環境を設定する「オーダーメイド」機能が搭載された。これによってユーザーごとに異なるインタフェースを設定できるようになっている。

 一太郎オーダーメイドにはプリセットとして複数の設定をまとめた「かんたんオーダー」が5種類用意されている。そのほか、各設定を個別に指定できる「こだわりオーダー」がある。画面、編集画面、操作、安心の4カテゴリ計22項目を設定することができるので、ちょっと使いづらいな、と思ったら見直してみるといいだろう。

一太郎オーダーメイドはかんたんオーダー5種類のほか、個別に指定することも可能

「使いこなし」を選択したところ。豊富な機能にアクセスしやすい

「もの書き」はひたすら執筆に集中できるよう、余計な表示を廃している

こだわりオーダーの設定画面。4カテゴリ22項目を設定することができる

 欲を言えば、同じユーザーでも用途によって異なる設定を使い分けたい、という場面を想定して、こだわりオーダーで設定したものを保存・呼び出せるようにしてほしかったところだ。

       1|2|3|4|5|6 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう