ニュース
» 2017年07月28日 12時11分 UPDATE

雑踏の中から要注意人物を即座に特定 NECの顔認証ソフトがジョージアの街中監視システムに採用

NECは、ジョージア(旧グルジア)に顔認証を活用した街中監視システムの提供を行った。

[ITmedia]

 NECは7月28日、ジョージア(旧グルジア)のシステム構築事業者であるCapital Systems社と共同で、顔認証を活用した街中監視システムの提供したと発表した。

 同システムは2017年6月より稼働が開始されており、首都のトビリシをはじめジョージア国内の主要都市に設置された400台の監視カメラと連携。カメラに映った人物と、監視リストに登録された容疑者/要注意人物の写真とをリアルタイムに照合することで、高速かつ高精度の人物特定を行えるのが特徴だ。

photo 街中を監視する「Joint Operations Center」内の様子

 今回の取り組みは、治安向上に向けたジョージア国内のプロジェクト「Safe City, Safe Region, Safe Country」の一環として導入されたもので、今後は数千台〜数万台のカメラの追加導入も検討されているという。

 顔認証システム「NeoFace Watch」の概要はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう