ニュース
» 2017年09月22日 12時07分 公開

エプソン、64インチの大判出力に対応した昇華転写プリンタ「SC-F9350」

エプソンは、大判出力対応の昇華転写プリンタ「SC-F9350」を発表。粒状感などを低減できる「Epson Precision Dot」を導入している。

[ITmedia]

 エプソンは9月22日、大判出力対応の昇華転写プリンタ「SC-F9350」を発表、9月28日に販売を開始する。価格は260万円(税別)。

photo SC-F9350

 最大64インチ(1615.6mm)幅の大判出力をサポートした昇華転写プリンタの最新モデルで、新たに粒状感や横縞(バンディング)が少ない高画質出力を行える「Epson Precision Dot」を搭載した。また従来機(SC-F9200)同様、繊細なグラデーションを再現できる「UltraChrome DS インク」、のぼり旗/ユニフォームなどめりはりのある出力に適した「高濃度ブラック」なども採用している。

 接続インタフェースはUSB 2.0およびギガビット有線LANをサポート。本体サイズは2620(幅)×934(奥行き)×1332(高さ)mm、重量は290kg。

関連キーワード

セイコーエプソン | プリンタ | 高画質


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう