ニュース
» 2017年11月08日 10時58分 公開

EIZO、4K表示に対応した手術室向け31.1型ディスプレイ

EIZOは、手術室内での利用も想定した4K UHD表示対応の31.1型液晶ディスプレイ「CuratOR EX3140」を発売する。

[ITmedia]

 EIZOはこのほど、手術室内での利用も想定した4K UHD表示対応の31.1型液晶ディスプレイ「CuratOR EX3140」を発表、2018年2月1日に発売する。価格はオープン。

photo CuratOR EX3140

 手術/内視鏡用の31.1型液晶ディスプレイで、3840×2160ピクセルの高解像度表示に対応。広い表示色域もあわせて実現しており、sRGBの色域をサポートするほか「BT.2020」のエミュレーションにも対応した。

 映像入力は4K信号をケーブル1本で伝送可能なDisplayProt×1のほか、30mの長距離でも安定した伝送が可能な3G-SDI(BNC)端子なども備えている。

関連キーワード

ディスプレイ | EIZO | 解像度


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう