ニュース
» 2017年11月17日 11時50分 公開

Razer、FPSゲーム向けの光学式USBゲーミングマウス「Basilisk」など4製品

米Razerは、FPSゲームプレイヤー向けをうたった光学式USBゲーミングマウス「Razer Basilisk」を発表した。

[ITmedia]

 米Razerは11月17日、FPSゲームプレイヤー向けをうたった光学式USBゲーミングマウス「Razer Basilisk」など計4製品を発表、11月25日に販売を開始する。予想実売価格は8800円(税別)。

photo Razer Basilisk

 Razer Basiliskは、USB有線接続に対応したゲーミングマウスで、同社製ゲーミングマウス「Razer DeathAdder Elite」「Lancehead Tournament Edition」と同様の解像度1万6000dpiの光学式センサーを採用した。

 ボタンは計8ボタンを搭載。ホイール部は回転時の負荷を調整可能で、好みに応じてカスタマイズが可能だ。また左側面部にはDPIの感度を一時的に切り替えられる“クラッチパーツ”を装着可能。クラッチパーツはサイズ違いのパーツが付属しており、手の大きさやグリップのスタイルに合わせて付け替えを行える(クラッチを無効化できるラバーキャップも付属)。

 本体サイズは75(幅)×124(奥行き)×43(高さ)mm、重量は107gだ。

photophoto


 このほか、解像度7200dpiの光学センサーを採用した2.4GHz帯接続/Bluetooth接続両対応のワイヤレスマウス「Razer Atheris」、4極ステレオミニ接続対応のゲーミングヘッドセット「Thresher Tournament Edition」、7.1chサラウンドサウンドに対応するUSB接続ヘッドセット「Kraken 7.1 V2 Oval」の3製品も11月25日に販売が開始される。予想実売価格はRazer Atherisが6800円、Razer Thresher Tournament Editionが1万3800円、Kraken 7.1 V2 Ovalが1万2800円(いずれも税別)。

photophotophoto Razer Atheris(左)、Thresher Tournament Edition(中)、Kraken 7.1 V2 Oval(右)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう