ニュース
» 2017年11月21日 14時19分 公開

マウス、Core i7/GeForce MX 150を搭載した15.6型スタンダードノート

マウスコンピューターは、第7世代Core i7プロセッサを採用した15.6型フルHD液晶搭載ノートPC「m-Book K」シリーズを発売する。

[ITmedia]

 マウスコンピューターは11月21日、第7世代Core i7プロセッサを採用した15.6型フルHD液晶搭載ノートPC「m-Book K」シリーズを発表、本日より販売を開始した。標準価格は下位構成の「m-Book K686BN」が9万9800円、上位構成の「m-Book K686XN-M2SH2」が11万9800円だ(ともに税別)。

photo m-Book Kシリーズ

 1920×1080ピクセル表示対応の15.6型ワイド液晶ディスプレイを搭載するノートPCで、プロセッサとしてCore i7-7700HQ(2.8GHz/最大3.8GHz)を搭載。またグラフィックスコアとしてGeForce MX 150/2GB(およびCPU内蔵グラフィックス機能)を標準で装備、処理状態に応じてCPU内蔵グラフィックス機能との自動切り替えで消費電力を抑えることも可能だ。

 OSはWindows 10 Home 64bit版を導入。メモリとストレージ構成は、下位のm-Book K686BNがDDR4 8GB/500GB HDDを、上位のm-Book K686XN-M2SH2がDDR4 16GB/256GB SSD+1TB HDDをそれぞれ搭載した(光学ドライブは非搭載)。

photo

 ほかUSB 3.0×3(Type-C×1、同-A×2)、USB 2.0×1、ギガビット有線LAN、HDMI/アナログD-Sub映像出力、IEEE 802.11ac無線LAN、Bluetooth 4.2+LEなども利用できる。

 内蔵バッテリー駆動時間は約6.4時間。本体サイズは約378(幅)×267(奥行き)×35.6(高さ)mm、重量は約2.3kgだ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう