コラム
» 2017年12月10日 06時00分 公開

ITはみ出しコラム:AmazonとGoogleのバトルが激化 ユーザー不在の締め出し合戦へ

互いの製品やサービスを締め出し合うAmazonとGoogle。ユーザーに不便を強いるようなことがない形で、バトルを終わらせていただきたいものです。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 AmazonとGoogleのバトルが激化しています。

 Googleは12月5日(米国時間)、Amazonの「Fire TV」と「Echo Show」からYouTubeを引き上げると声明を出しました。Echo Showでは同日からYouTubeが見られなくなっています。Fire TVでは2018年1月1日からYouTubeを利用できなくなる予定です。

 事の始まりは3カ月前、GoogleはEcho Show向けにAmazonが用意したYouTubeアプリがGoogleの利用規約に違反しているとして、Echo ShowでYouTubeを使えないようにしました。その直後、AmazonはGoogle系列のスマートホーム企業Nestの一部製品をAmazonで販売停止にして対抗します。

 その後、Amazonは11月にWebアプリ経由でのYouTubeへのアクセスを復活させていたので、両社の関係改善が進んでいるのではないか、との見方もありました。

 ちなみに、Amazonは2015年に「Chromecast」(と「Apple TV」も)の取り扱いをやめています。また、Google Cast(Android TVとかChromecastとかのこと)にはAmazonプライム・ビデオのアプリを提供していません。

 こうしたAmazonの対応にGoogleは「Amazonがお願いをきいてくれないのがいけないんだ」と今回の声明を出したのです。

battle 1 米Amazonのジェフ・ベゾスCEO(左)、米Googleのスンダー・ピチャイCEO

 それぞれのサービスと製品の関係を表にしてみました。

battle 2 それぞれのサービスと製品の関係

 Echo Showは「Amazon Echo」シリーズのディスプレイ付きモデルですが、日本では販売していません。そもそもEcho Showのディスプレイは7型と小さく、ユーザーにとってYouTubeは主目的ではなさそうですが、YouTubeを見るためにFire TVを買ったというユーザーは多そうです。なので、これは人質をとっての脅迫めいています。

 Google CastではPCのChromeブラウザからキャストすることでAmazonプライム・ビデオを視聴できますが、一手間いります。ここでGoogle Cast専用の高品質なAmazonプライム・ビデオアプリを提供しちゃったら、「Fire TVは買わなくてもいいや」ということになりそうです。

battle 3 ChromecastにAmazonプライム・ビデオアプリを提供しないなら、FireTVからYouTubeを使えなくしちゃうぞ

 2015年にChromecastとApple TVをAmazonから締め出したとき、米Amazonのジェフ・ベゾスCEOは「だってChromecastもApple TVもAmazonプライム・ビデオを見られないから、そんなものを売ったらうちのお客さんが混乱してしまう」と言い訳しました

 それなら、先日ようやくApple TVでAmazonプライム・ビデオが見られるようになったので、AmazonでApple TVの端末も売らないと一貫性がないですね(今のところ売っていません)。

 Amazonは出版社とも販売条件でもめました。「顧客第一」の主義で、少しでも安く便利に商品を顧客に届けたい一心なのかもしれませんが、その交渉が難航することで顧客がとばっちりを受けることもしばしば。今回のバトルはその最たるものです。

 このバトル、どちらかというとAmazonが有利そうです。以前ならGoogleは「検索結果でランクを下げるぞ」と脅せたかもしれませんが、最近は買い物のための検索をAmazon内で行ったり、InstagramやPinterestを使うユーザーが増えていたりと、Amazonにとってそれほど痛くないでしょう。そもそも、AmazonはGoogle検索にとって大事なお客さまです。

battle 4 Google検索結果のトップに表示されるAmazonの広告

 ユーザーとしては、ここはひとつ、Amazonさんにものすごく有利な条件を提示してGoogle CastにAmazonプライム・ビデオアプリをお迎えすることで、バトルを終わらせていただきたいものです(Apple TVへの降臨が発表から実現までに半年もかかったのは条件交渉が難航したからといううわさです)。

 いろいろな製品やサービスでバトル状態のAmazonとGoogle。Amazonが開拓したスマートスピーカー市場も戦場の1つです。もちろんAmazonで「Google Home」は売っていません。

 ちなみに、12月2日に「Google Home Mini」に「Alexa(Amazonの音声アシスタント)って知ってる?」と尋ねたときには「Alexa……」と言ったきり黙り込んだんですが、12月9日の朝にもう一度聞いたら「Alexaですか。すてきな声ですよね」とか「Alexaですか。一度会ってみたいです。お天気の話とかで盛り上がれそうです」とか、なんだか友好的なことを言うようになっています。

 一方、Amazonの「Echo Dot」に「Googleアシスタントって知ってる?」と尋ねたら「うわさを聞いたことはあります」とちょっとそっけない。Google Homeについても同じ答えでした。

battle 5 「Amazon Echo Dot」(左)と「Google Home Mini」(右)

 もっと仲良くしていただきたいものです。

バックナンバー

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう