ニュース
» 2017年12月13日 15時42分 公開

建設現場をAIが守る コマツとNVIDIAが協業

NVIDIAとコマツは、AI導入により建設現場の安全と生産性を高めていくパートナーとして協業を発表した。

[ITmedia]

 NVIDIAとコマツは、建設現場におけるAIの導入で協業を行うと発表した。

photo

 建設現場は一般的にも危険な職場として認識されているが、2016年度には国内で300人近くの死者と1万5000人を超える負傷者が発生しており、AIによる現場の改善に期待が寄せられている。

 今回の協業で中心に据えられているのは、AIコンピューティングを超小型プラットフォームで提供できる「NVIDIA Jetson」。建機に搭載することで周囲の人や機械を認識できる360度映像の提供が行えるほか、運転席に設置されるステレオカメラによりオペレーターに的確な指示を与えることなどが可能になる、としている。また将来的には、機器の自動制御や建設現場/採掘現場などの高解像度レンダリング、シミュレーションなどにも用いられる予定だ。

関連キーワード

NVIDIA | 協業


Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう