ニュース
» 2017年12月20日 13時31分 公開

バルコニーからの不審者を電源不要で検知できるセキュリティシステム 実証実験を開始

Robot Homeと音力発電は、電源レスで実現可能な賃貸住宅向けのバルコニー監視システムの実証実験を開始する。

[ITmedia]

 Robot Homeと音力発電は12月20日、賃貸住宅向けバルコニーセキュリティの開発基本合意を締結、電源レスで実現可能なバルコニー監視システムの実証実験を12月に開始する。

photo

 今回共同開発が行われるバルコニーセキュリティシステムは、振動エネルギーによる自己発電で動作可能な振動発電を用いているのが特徴。低階層の賃貸住宅などで懸念される、バルコニーからの不審者の侵入を電源レスで検知することが可能だ。振動を検知した場合は居室に設置したIoTサービス「賃貸住宅キット」を通じてスマートフォンアプリに通知を行うことができる。

photo

 実証実験は2018年2月末まで東京都内の物件で実施。またRobot HomeのIoTショールームにも体験コーナーが設けられる。

関連キーワード

住宅 | 実証実験 | IoT | セキュリティ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう