ニュース
» 2017年12月31日 10時30分 公開

Intelに反転攻勢をかけた「Ryzen」――2017年のアキバを振り返る(後編) (1/4)

2017年は自作マシンの根幹であるCPUやチップセットのシェアバランスの変化も見逃せない。「10年に1度の逸材」と言われるだけあり、AMD「Ryzen」が自作市場に与えた影響はやはり大きかった。

[古田雄介,ITmedia]

Ryzen旋風――Ryzen 7とRyzen 5、それぞれ深夜販売で登場

 2017年を通して最も影響力の大きかったCPUを挙げるとすれば、AMDから登場した「Ryzen」だろう。3月3日に上位の「Ryzen 7」シリーズが売り出されたが、当日TSUKUMO eX.とパソコン工房 秋葉原BUYMORE店、ドスパラ パーツ館の3店が深夜販売を実施するなど、ここ数年のAMD製CPUでは例がないほど鳴り物入りでのデビューだった。

2月末に撮影したTSUKUMO eX.のRyzen深夜販売POP

 当時、ドスパラ パーツ館は「AMDのCPUとしては近年まれに見るレベルで注目されていますし、入荷数も深夜販売がやれる量がきちんと確保できる状態なので踏み切りました」とコメント。その前評判通りに、発売後は対応するX370/B350マザーともども大ヒットを記録した。売れ行きは2006年発売の「Athlon 64 X2」以来との評が多く、ベテラン店員氏からは「10年に一度の逸材」とのフレーズも飛び出している。

 最初期は対応マザーの在庫不足が目立ったがまもなく落ち着き、3月中旬からしばらくはコストパフォーマンスの良さから人気が突出した「Ryzen 7-1700」(登場時は税込み4万2000円前後)だけが品薄な状態が続いた。それでも売れ行きは好調で、4月初旬にCPUの売れ行きを聞くと「AMD4割、インテル6割」と返ってくるショップが多かったと記憶している。「1割にも満たない」と言われたいた2016年頃から大幅な躍進だ。

Ryzen 7-1700X(左)と1700(右)。1700はCPUクーラー同梱で最安モデルという強みがあった

ASRockのX370マザー「Fatal1ty X370 Gaming K4」。税込み3万7000円前後で登場した

 その好調ぶりは、4月11日に下位の「Ryzen 5」シリーズが発売された後も続いた。このクラスでは珍しく、複数のショップが深夜販売イベントを実施しており、Ryzen 7ほどではないにしろまずまずの反響が得られたという。

 さらに7月下旬になると、エントリークラスの「Ryzen 3」もデビュー。下位ラインアップの「Ryzen 3-1200」(税込み1万5000円前後)でも4コア/4スレッド(TDP 65W)の仕様で、「mini-ITXサイズのRyzenマシンを組みたい人も多いので、小型で安価にそこそこのパフォーマンスが狙える理にかなったラインアップ」(パソコンSHOPアーク、当時)と評価されていた。

 その後もRyzenシリーズは、IntelのCoreシリーズに対抗する選択肢として定番の地位を確立しており、各ショップのシェアは売れ行きが落ち着いた年末ごろでも「AMD2〜3割、Intel7〜8割」というバランスを維持。それに対してライバルのIntelも静観していたわけではなかった。

4月初旬、Ryzen 5の深夜販売を告知するTSUKUMO eX.のPOP

4月末にはBIOSTARからRyzen対応の初のmini-ITXマザー「X370GTN」と「B350GTN」が登場している。税込み価格は1万5000円前後と1万3000円強

7月に登場した「Ryzn 3-1300X」と「Ryzen 3-1200」

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう