ニュース
» 2018年01月06日 11時20分 公開

CES 2018:「ThinkPad L」シリーズも2018年モデルに 13型の「Yoga」が新登場

ThinkPadブランドにおけるエントリーを担う「ThinkPad L」シリーズの2018年モデルが登場した。新たに13型の「Yoga」が登場する他、15型モデルでは外部GPU「Radeon 530」を搭載する構成を選択できるようになる。

[井上翔,ITmedia]

 Lenovoは1月4日(米国西海岸時間)、米ラスベガスで開催される「CES 2018」に先駆けてエントリービジネスノートPC「ThinkPad L380」「ThinkPad L380 Yoga」「ThinkPad L480」と「ThinkPad L580」を発表した。いずれのモデルも第8世代Coreプロセッサを搭載しており、価格はL380が449ドル、L380 Yogaが549ドル、L480が779ドル、L580が769ドルからとなる。米国では2月から受注を開始する予定だ。

(日本での発売は現時点では未定)

ThinkPad L380

 「ThinkPad L380」はLシリーズの13.3型モデルの最新型。ボディーサイズは322(幅)×224.2(高さ)×18.8(厚さ)mmで、重量は1.46kg。ボディーカラーはブラックとシルバーを用意する。

 メモリは最大32GB(DDR4)、ストレージは最大で512GBのSSD(PCI Express接続)を搭載できる。ディスプレイはマルチタッチ対応のフルHD(1920×1080ピクセル)液晶を搭載する。

 端子類はUSB Type-C×2、USB 3.0×2、HDMIを備えている。バッテリー駆動時間は最大12時間(MobileMark 2014での計測値)となっている。電源はUSB Power Delivery(USB PD)で供給するようになっており、従来のThinkPadで使われている角形電源端子を持つアダプター類には対応しない。

ThinkPad L380 ThinkPad L380(シルバー)

ThinkPad L380 Yoga

 「ThinkPad L380 Yoga」は、マルチタッチ対応の13.6型フルHD液晶を搭載する2in1タイプのノートPC。Lシリーズでは初めてのYogaモデルとなる。ボディーサイズは322(幅)×224.2(高さ)×18.8(奥行き)mmで、重量は1.56kg(最軽量構成)。ボディーカラーはブラックとシルバーを用意する。

 メモリは最大32GB(DDR4)、ストレージは最大で512GBのSSD(PCI Express接続)を搭載できる。

  端子類はUSB Type-C×2、USB 3.0×3、HDMIを備えている。バッテリー駆動時間は最大12時間(MobileMark 2014での計測値)となっている。電源はUSB Power Delivery(USB PD)で供給するようになっており、従来のThinkPadで使われている角形電源端子を持つアダプター類には対応しない。

ThinkPad L380 Yoga(その1)
ThinkPad L380 Yoga(その2) ThinkPad L380 Yoga(ブラック)

ThinkPad L480

 「ThinkPad L480」はLシリーズの14型モデルの最新型。ボディーサイズは335(幅)×235(高さ)×22.5(厚さ)mmで、重量は1.86kg(最軽量構成)。

 メモリは最大32GB(DDR4)、ストレージは最大で512GBのSSD(PCI Express接続)または1TBのHDD(Serial ATA接続)を搭載できる。

 ディスプレイの解像度はHD(1366×768ピクセル)かフルHDを選択できる。フルHDはタッチセンサーの有無も選べる。端子類はUSB Type-C×2、USB 3.0×2、HDMI、イヤフォンマイクを備えている。microSDメモリーカードスロットも用意されている。

 バッテリー駆動時間は最大12時間(MobileMark 2014での計測値)となっている。電源はUSB Power Delivery(USB PD)で供給するようになっており、従来のThinkPadで使われている角形電源端子を持つアダプター類には対応しない。モバイル通信(LTE)に対応する構成も可能だ。

ThinkPad L480(その1)
ThinkPad L480(その2) ThinkPad L480

ThinkPad L580

 「ThinkPad L580」はLシリーズの15型モデルの最新型。ボディーサイズは376.5(幅)×254.5(高さ)×22.95(厚さ)mmで、重量は2kg(最軽量構成)。キーボードはテンキー付きとなっている。

 メモリは最大32GB(DDR4)、ストレージは最大で512GBのSSD(PCI Express接続)または1TBのHDD(Serial ATA接続)を搭載できる。外部GPUとしてAMDの「Radeon 530」を搭載する構成も選択できる。

 ディスプレイの解像度はHD(1366×768ピクセル)かフルHDを選択できる。フルHDはタッチセンサーの有無も選べる。端子類はUSB Type-C×2、USB 3.0×2、HDMI、イヤフォンマイクを備えている。microSDメモリーカードスロットも用意されている。

 バッテリー駆動時間は最大11時間(MobileMark 2014での計測値)となっている。電源はUSB Power Delivery(USB PD)で供給するようになっており、従来のThinkPadで使われている角形電源端子を持つアダプター類には対応しない。モバイル通信(LTE)に対応する構成も可能だ。

ThinkPad L580(その1)
ThinkPad L580(その2) ThinkPad L580

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう