コラム
» 2018年01月28日 06時00分 公開

ITはみ出しコラム:これは分かりやすい 「ネット中立性」問題をハンバーガーに例えた動画が話題に

米連邦通信委員会(FCC)が「ネット中立性」規定の廃止案を承認しましたが、米国でもこれの意味するところにピンと来ていない人は多いようです。そんな中、なぜかハンバーガーチェーンのBurger Kingが立ち上がりました。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米連邦通信委員会(FCC)が2017年に12月に「ネットの中立性(net neutrality)」規定の廃止案を承認したことは、インターネットを利用する幅広いユーザーに大きな影響を与えるかもしれません。

 前バラク・オバマ政権が採択したこの規定が廃止されると、ISP(インターネットサービスプロバイダー)は系列ストリーミングサービスの通信を競合サービスより優先するといったことを合法的にできるようになるからです。

 以前このコラムでも規定廃止を「風が吹くと桶屋がもうかる」的にはしょって、「ネット中立性の規則がなくなるとNetflixが高くなる」という可能性について紹介しました。

 ただ、日本では無関係ではないものの遠い話に思えるのか、世間の関心が高くありません。さらに、当事者である米国の一般国民の皆さんも、何となくピンとこないという人が多いらしいです。

 そんな中、なぜか米ファストフードチェーンのBurger King(日本でもおなじみのバーガーキングです)が、3分のCMを使って分かりやすく説明してくれていると話題になっています。

whopper 1 Burger King(バーガーキング)が公開した動画(YouTubeより)

 Googleなどはどうしても生真面目に社会への影響を説明してしまいがちですが、国民の関心を高めるには、企業ではなくユーザーへの直接的な影響を説明すべきだったようです。

 例えば、高速なネットを使いたかったら余分にお金を払わなくちゃならなくなるかも、とか。通信インフラがコンテンツ事業も持っている場合は、自分のところのサービスを売りつけるために人気のある他社の競合サービスの提供速度を遅くしたりするかも、とか。

 庶民の味方バーガーキングは、その辺りを身近な例、人気メニューの「ワッパー」を使って説明します。

whopper 2 ワッパーはバーガーキングの人気バーガー。日本では490円です

 動画はまず、「ネット中立性? 何それおいしいの」というような一般の声を紹介し、「では、ワッパーでご説明しましょう」と表示されて、シーンはバーガーキングの店頭に移ります。

 先に注文したはずなのに後回しにされたおじさんが店員に待ち番号の紙を見せながら「私の方が先に注文したんだが?」と尋ねると、店員は紙を見て「98番ですね。お客さんはスローMBPSだからまだです」と平然と言います。

whopper 3 「あなたはスローアクセスだから後」

 IT系にお務めっぽい男性は「いわゆるレイテンシかい?」と尋ね、「はい、スローMBPSだと15〜20分かかります」と店員は答えます。

whopper 4 IT系っぽいお兄さんも苦笑

 MBPSというのはもちろんネットの速度を表す単位「bps(1秒当たりに伝送されるデータビットの数)」のもじりで、「Making Burgers Per Second(1秒当たりに生産されるバーガーの数)」です。スローMBPSのワッパーは4.99ドル(約540円)と従来通りですが、ファストMBPSは12.99ドル(約1400円)、ハイパーファストMBPSはなんと25.99ドル(約2800円)に……高い。

whopper 5 ワッパーのMBPSメニュー。早くワッパーを受け取るには、余計にお金が必要に

 スローMBPSのお客さんには、ワッパーができていても渡す時間になるまで「規則ですから」と目の前にあるのに渡さなかったり、「(ワッパーは時間がかかるから)チキンサンドはいかがですか?」と聞いて「私はワッパーがほしいんだよっ」とお客を怒らせたり。

 「バーガーキングは、チキンサンドとチキンフライがもっと売れた方がもうかると信じているので、(割安で人気の)ワッパーの提供を遅くしています」と店員は説明します。

 動画の最後に「登場するお客さんは全て実際のお客さんであり、ワッパーの価格は偽物です」と明示されます。確かに皆さん、演技とは思えない憤慨っぷりでした。

 98番で待っていたおじさんは種明かしをされた後、「ワッパーはネット中立性が何なのかを具体的に教えてくれた。ばかげているけれど本当だ」と語りました。

 最後のメッセージは「インターネットはワッパーと同じであるべきです。つまり、誰にでも平等であるべき」で、Change.orgのネット中立性を支持する署名ページのURLが表示されます。

 これまでのバーガーキングは問題意識の高い企業というより、どちらかというと「話題になってナンボ」というCMで知られていました。最近では、「OK Google」と視聴者に向かって話し掛けてGoogleアシスタントにWikipediaのワッパーの説明文を読み上げさせるテレビCMを流して、Google Homeを困らせたことが話題になりました。

 でもともかく、今回はGoogleよりもFCCよりも分かりやすく説明をしたことで、社会に大きな影響を与えたと思います。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう