レビュー
» 2018年02月08日 23時00分 公開

AMDから最新APU「Raven Ridge」が届いたぞ! まずは中身を速報だー

っていうか箱でけーよ!

[石川ひさよし,ITmedia]

 AMDの次世代APUが編集部に到着した。Ryenをベースとして、CPUコアにRadeon VEGAベースのGPUコアを組み合わせた「Raven Ridge」(開発コード名)と呼ばれていた製品だ。

 1月7日のInternational CESに合わせた同社の会見では、2月12日の出荷開始が明らかにされている。一足早く到着したレビュワー向けボックスの中身を紹介しよう。

Ryzen以来、AMDはレビュワー向けのボックスにこだわりがあるようで、今回もCPUに対して「大きすぎだろう!」というボックスで届いた

今回は木製の箱ではなく紙製の箱。内蓋に「RYZEN POWERS. RADEON REIGNS. YOU PREVAIL.」とある

Ryzen 5 2400GおよびRyzen 3 2200Gの2つのAPU

そしてG.SkillのDDR4-3200メモリ「F4-3200C14D-16GFX」、MSIのB350搭載Mini-ITXマザーボード「B350I PRO AC」が入っていた

Ryzen 5 2400Gのボックス。上部にシルバーのラインが追加され、そこにRADEON VEGA GRAPHICSロゴが付いた

Ryzen 3 2200Gも同様

Ryzen 5 2400GのボックスにはAPUとCPUクーラー「Wraith Stealth」、そして「Ryzen 5」「Radeon VEGA」のステッカーが付属

Ryzen 3 2200Gのボックスも基本的にRyzen 5 2400Gと同じ。ステッカーはきちんと「Ryzen 3」になっている

 両製品のスペックは既にAMDの製品サイトに掲載されている通り。Ryzen 5 2400Gは4コア8スレッド、Ryzen 3 2200Gは4コア4スレッドで、SMTの有無が異なる。合わせてCPUコアクロックが異なる他、GPUコア数もRyzen 5 2400Gは11基、Ryzen 3 2200Gは8基で違う。TDPはともに65Wだ。

 なお、一部のマザーボードメーカーでは、Raven Ridge対応のUEFIをアナウンスしている。ただし、一部のハイエンドモデルで映像出力端子のないマザーボードでは、Raven RdigeのRadeon VEGAコアが利用できないので注意してほしい。

 編集部では、2月12日の出荷開始に合わせてベンチマークテスト結果を公開する予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう