ニュース
» 2018年02月13日 13時06分 公開

レノボ、最大18コア対応のXeon Wを採用したデスクトップWS

レノボ・ジャパンは、Xeon Wプロセッサの搭載に対応したメインストリーム向けデスクトップWS「ThinkStation P520」など3機種を発表した。

[ITmedia]

 レノボ・ジャパンは、Xeon Wプロセッサの搭載に対応したメインストリーム向けデスクトップWS「ThinkStation P520」「ThinkStation P520c」を発表、近日中に販売を開始する。

photophoto ThinkStation P520(左)、ThinkStation P520c(右)

 それぞれミドルタワー型およびミニタワー型筐体を採用したデスクトップワークステーションで、最大18コア(36スレッド)動作に対応するXeon Wプロセッサをサポートしたモデル。グラフィックスカードはThinkStation P520がQuadro P6000/同 GP100、ThinkStation P520cがQuadro P5000を装着できる。

またThinkStation P520はPCIスロットも標準装備しており、産業用PCとしても利用も可能だ。同社直販価格はThinkStation P520が39万8000円から、ThinkStation P520cが47万4000円から(税別、以下同様)。

photo ThinkPad P52s

 この他、15.6型モバイルWS「ThinkPad P52s」も発表された。CPUとして最新の第8世代Core i7プロセッサとQuadro P500を装備したモデルで、4K液晶ディスプレイも選択可能。バッテリーは固定式メインバッテリーと交換対応のセカンドバッテリーの2基を装備、駆動時間は標準構成で約13.3時間(32Wh+72Whの構成で約25時間)の長時間駆動を実現している。直販価格は25万4000円から。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう