ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  Q

  • 関連の記事

「Quadro」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Quadro」に関する情報が集まったページです。

CAEニュース:
電磁波解析用ソフト搭載のデスクサイド型スーパーコンピュータを発売
アドバンスソフトとビジュアルテクノロジーは、NECのベクトルエンジンを組み込んだデスクサイド型スーパーコンピュータを発売した。電磁波解析用アプリケーションソフトウェアをインストール、設定済みで、導入後すぐに利用できる。(2021/1/12)

CES 2021:
Dellがビジネス向けの新型PCと新型ディスプレイを発表 米国では1月12日から順次発売
CES 2021の開幕に先立って、Dellがビジネス向けPCと周辺機器の新製品を発表した。一番早い製品は、1月12日から販売を開始する。(2021/1/5)

富士通、テレワークにも向くスリム筐体を採用した13.3型モバイルシンクライアント
富士通は、薄型軽量設計を実現する13.3型モバイルシンクライアント「FUTRO U9311M」など法人向けモデル2製品を発表した。(2020/12/15)

TSUKUMO、Ryzen+Quadroを搭載したクリエイター向けデスクトップ
Project Whiteは、Ryzen 5000シリーズとQuadroを搭載したクリエイター向けデスクトップPCを発売した。(2020/12/11)

アスク、Quadro RTXを搭載した教育機関向けのディープラーニング推奨WSを販売を開始
アスクは、ディープラーニングに適した教育機関向けデスクトップワークステーションの販売を開始する。(2020/12/8)

エプソンダイレクト、Core i9の搭載にも対応したスリムPC「Endeavor MR4900」
エプソンダイレクトは、スリムタワー筐体を採用した高性能デスクトップPC「Endeavor MR4900」を発表した。(2020/12/2)

エルザ、Quadro RTX 6000を標準搭載した省スペース型デスクトップWS
エルザ ジャパンは、容量7.2Lの省スペース筐体を採用したデスクトップWS「ELSA VELUGA-D 1000L」を発表した。(2020/12/1)

アスク、「Quadro RTX 5000/RTX 8000」の教育機関向け受注を実施 2021年2月28日までの期間限定
アスクは、ハイエンドグラフィックスカード「Quadro RTX 5000」「同 RTX 8000」の教育機関向け取り扱いを期間限定で実施する。(2020/11/26)

ユニットコム、Xeon W-2200搭載デスクトップワークステーションを販売開始
ユニットコムは、Xeon W-2200シリーズを採用したデスクトップワークステーション4製品の販売を開始した。(2020/11/16)

PR:もうあれこれ悩まない! フォトグラファー必見! 超小型デスクトップPC「Endeavor SG100E」の魅力
エプソンダイレクトが満を持して放つ超小型PC「Endeavor SG100E」。プロセレクションとデザインを統一したボディーは設置場所に困らず、パワフルな性能でフォトグラファーを力強くサポートしてくれる1台だ。そのポテンシャルを、実機を使ってチェックした。(2020/11/11)

ZOTAC、第10世代Core+GeForce RTXを搭載した超小型デスクトップ「ZBOX E」
ゾタック日本は、第10世代CoreプロセッサとGeForceを標準搭載した超小型デスクトップPC「ZBOX E」シリーズ3製品を発売する。(2020/11/9)

各社がRyzen 5000シリーズ搭載のBTO対応デスクトップPCを販売開始
最新のRyzen 5000プロセッサを搭載したデスクトップPCが各社から発表されている。(2020/11/9)

HP、同社製ワークステーション向けのリモートワークソリューション「HP ZCentral」 WS製品11機種を投入
日本HPは、リモートワークでの遠隔共同作業などを実現できるソリューション「HP ZCentral」の発表を行った。(2020/10/22)

エイサー、4K液晶モデルも用意したクリエイター向け2in1ノート「ConceptD Ezel」
日本エイサーは、クリエイター向けをうたった2in1機構搭載ノートPC「ConceptD Ezel」シリーズ2製品を発表した。(2020/10/21)

レノボ、Ryzen Threadripper PRO採用のデスクトップWSを発売 Quadro RTX×2基の装着も可能
レノボ・ジャパンは、CPUとしてRyzen Threadripper PROを搭載したハイパフォーマンス設計のデスクトップWS「ThinkStation P620」を発表した。(2020/10/6)

エプソン、第10世代Core+GeForce GTXを搭載したフォトグラファー向けミニデスクトップPC
エプソンダイレクトは、第10世代Coreプロセッサを採用したミニデスクトップPC「Endeavor SG100E」を発売する。(2020/10/6)

「Quadro」は冠さず:
プロ向けGPUもAmpereアーキテクチャを採用! 「NVIDIA RTX A6000」「NVIDIA A40」登場
コンシューマー向けの「GeForce RTX 30シリーズ」に続き、NVIDIAのプロフェッショナル向けGPUもAmpereアーキテクチャに移行する。ただし、従来とは異なり「Quadro(クアドロ)」ブランドは冠さずに展開される。【訂正】(2020/10/5)

設計環境レビュー:
RTXサーバの高い処理能力を汎用PCで体感! 事前検証プログラムを活用してみた
「NVIDIA RTXサーバ」の高い処理能力を試験的に評価してみたいが、コスト的に困難……という問題を解決するため、エルザ ジャパンは法人ユーザー向けに事前検証プログラム「RTX Server Test Drive」を提供している。今回、特別にこの事前検証環境を評価する機会を得たので、RTXサーバの実力をベンチマークしてみた。(2020/10/1)

モバイルワークステーション:
PR:技術者を“インドア”から解放、最新GPU搭載モバイルワークステーションの可能性
新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、製造業の設計開発業務にもリモートワークが求められている。そのソリューションの1つとしてモバイルワークステーションの採用が検討されているが、これまでは業務を行うのに十分な性能を出せないという評価が多かった。しかし、NVIDIAの最新GPUを搭載する「HP ZBook Mobile Workstation」であれば、デスクトップワークステーションに引けをとらない性能を発揮できる。(2020/9/15)

エプソン、CAD設計向け/3DCG向けモデルに第10世代Core搭載ミニタワー型モデルを追加
エプソンダイレクトは、第10世代Core搭載ミニタワー型PC「Endeavor MR8300」をベースにしたCAD設計向け/3DCG向けモデルを発売する。(2020/9/9)

TSUKUMO、4画面出力を標準サポートしたミニタワーPC計2製品を発売
Project Whiteは、マルチディスプレイの構築に向く4画面出力対応のミニタワー型デスクトップPC計2製品を発表した。(2020/9/3)

レノボ、Xeon W/Quadro RTXの搭載にも対応したハイスペック17.3型モバイルワークステーション
レノボ・ジャパンは、Xeon Wプロセッサの搭載に対応した17.3型モバイルワークステーション「ThinkPad P17」を発表した。(2020/9/1)

デル、70mm幅の超小型筐体を採用したXeon対応コンパクトワークステーション
デルは、コンパクト筐体を採用するXeon対応デスクトップWS「Precision 3240 Compact」を発売した。(2020/8/27)

MSI、第10世代Core i7+Quadro搭載の15.6型モバイルWS
エムエスアイコンピュータージャパンは、第10世代Core i7プロセッサを採用した15.6型モバイルワークステーション「WF65-10TH-1216JP」を発売する。(2020/8/27)

XRプラットフォーム:
PR:5G時代の新常識、VR/ARストリーミング技術が実現する“制約なき世界”
ニューノーマル時代に向けた働き方改革の一環として、XR(VR/AR/MR)テクノロジーを活用した新たなリモートコラボレーションに注目が集まっている。NVIDIAは、「NVIDIA RTX サーバー」の“最高レベルのグラフィックス性能”と、ワイヤレスHMDなどを用いた“モバイルの自由度”を融合させた「NVIDIA CloudXR」を展開し、これまで普及を妨げてきたあらゆる課題からユーザーを解放する。(2020/8/26)

エプソン、Core i9/Quadroの搭載にも対応したビジネス向けミニタワーPC
エプソンダイレクトは、第10世代Coreプロセッサの搭載に対応したビジネス向けミニタワーPC「Endeavor MR8300」を発表した。(2020/8/25)

ZOTAC、容積約2.65Lで第10世代Core i7搭載の超小型ワークステーションベアボーンキットを投入
ZOTACは8月20日、容積が約2.65Lとコンパクトボディーに、第10世代Core i7のCPUとQuadro RTX 3000のGPUを備えたワークステーションのベアボーンキット「ZBOX QCM7T3000」を発表した。(2020/8/21)

設計開発ツール:
PR:最新GPUサーバが設計開発のリモートワークをサクサク・ヌルヌルに
全世界がコロナ禍の影響を受ける中、在宅勤務やリモートワークに対応するための環境整備が課題となっている。NVIDIAの最新のGPUサーバ「NVIDIA RTX サーバー」は、製造業の設計開発をはじめとするさまざまな業務のリモートワークやコラボレーションに有効であるとともに、CPUと比べたレイトレーシング速度なども抜きんでている。NVIDIAのパートナーであるアスクのデモンストレーションを通して、NVIDIA RTX サーバーの実力をみていこう。(2020/8/21)

Dynabook、8K編集できるノートPCとGPUボックス 法人向けセットで40万円台後半から
シャープ子会社のDynabookが、8K動画の取り込みや編集などができる「8K映像編集PCシステム」の受注を法人向けに開始。4K対応ノートPCと外付けGPUボックスを連携させ、8K映像の編集作業をスピーディーに行えるという。市場想定価格は40万円台後半から。(2020/8/19)

「8K映像編集PCシステム」を発売:
Dynabookが新型4Kモバイルノートと外部GPUボックスをセットで提供
Dynabookが、新型ノートPCと外付けGPUボックスをセットにした「8K映像編集PCシステム」を発売する。Webでの見積もり販売となり、動画編集ソフト(Adobe Premiere Proを推奨)は別売となる。(2020/8/19)

ユニットコム、Quadro P4200を搭載したクリエイター向けモバイルワークステーションを発売
ユニットコムは、同社が展開するブランド「SENSE∞(センス インフィニティ)」より、Quadro P4200を搭載したクリエイター向けモバイルワークステーションを発売した。(2020/8/12)

組み込み開発ニュース:
IntelのXeon/Coreプロセッサ搭載の3.5インチシングルボードコンピュータ
アドバンテックは、IntelのXeonまたはCoreプロセッサ搭載の3.5インチSBC「MIO-5393」を発表した。広範囲動作温度に対応し、軍事防衛マイクロサーバ、自動光学検査機器、乗客情報システム、屋外キオスクなどに適する。(2020/8/7)

MSI、Quadro RTX 5000搭載のハイエンドモバイルWSなど2製品
エムエスアイコンピュータージャパンは、第10世代Core i9を標準搭載したハイエンド構成のモバイルWS「WS66」を発表した。(2020/8/6)

レノボ、Xeon Wの搭載に対応した15.6型モバイルWSなど2製品
レノボ・ジャパンは、コストパフォーマンスを重視した15.6型モバイルWS「ThinkPad P15v」など2製品を発表した。(2020/8/4)

AI/IoTプラットフォーム:
PR:製造業に迫る「2025年の崖」。進まないAI活用の実現策は?
日本企業に強く求められているデジタルトランスフォーメーション(DX)の中でも鍵を握るとされているのがAIだ。国内の製造業もAIの活用に意欲を示しているが、効果的な取り組みを進められていない状況にある。NTTPCコミュニケーションズ、NVIDIA、ALBERTの3社はWebセミナーを開催し、国内製造業が効果的かつ効率的にAIを活用し、DXを推進するのに必要なアプローチについて訴えた。(2020/7/20)

ASUS、Xeon W-1200を搭載したデスクトップWS
ASUS JAPANは、Xeon W-1200プロセッサを標準搭載したタワー型WS「ASUS Pro E500 G6」を発売する。(2020/7/14)

Creo 7.0の新機能を徹底検証:
PR:リアルタイムシミュレーションやジェネレーティブデザインを“より快適”に使うには
PTCの3次元設計ソリューション「 Creo 7.0 」では、解析結果を瞬時に得ることができるリアルタイムシミュレーションが強化された他、3D CAD業界のトレンドの1つであるジェネレーティブデザインを実現する機能が実装された。本稿では「 Creo 7.0 のパフォーマンスを最大限に発揮すること」をテーマに、最新鋭のハイエンドワークステーションを用い、 Creo 7.0 の目玉機能の動作検証を行った。(2020/7/13)

レノボ、新デザイン筐体を採用したデスクトップWS「ThinkStation P340」
レノボ・ジャパンは、第10世代Coreプロセッサの搭載に対応したデスクトップWS「ThinkStation P340」シリーズを発表した。(2020/7/7)

日本HP、Quadro RTXを搭載したモバイルWSなどクリエイター向けPC新モデルを一挙投入
日本HPが、薄型軽量設計のモバイルワークステーション「HP ZBook」新モデルなど計11シリーズを発表した。新製品は、8月上旬から順次発売される。【更新】(2020/6/29)

新PCは「グーチョキパー」 Acerが気になる新モデルを一挙に発表
Acerがオンライン発表会で複数の新型PCを発表した。外部GPUを搭載しながらも1kgを切るSwift 5の他、新しいタフネスブランド「ENDURO(エンデュロ)」などが投入される。(2020/6/24)

インバースネット、第3世代Ryzenを搭載したミニタワーPCを発売 税別9万円台から
インバースネットは、第3世代Ryzenシリーズの搭載に対応しがたミニタワー型デスクトップPC「GA」シリーズの販売を開始した。(2020/6/22)

新たなNUCの道:
まさかのXeon搭載NUC「Intel NUC 9 Pro」はGPUを選べる頼れるヤツだった
Intelが、超小型PC「NUC」(Next Unit of Computing)の次なる道を提示したGhost Canyonの開発コード名で知られる「Intel NUC 9 Pro Kit」を発表したのはCES 2020だった。今回はその評価機をチェックした。(2020/6/18)

Razer、第10世代Coreを採用した13.3型ゲーミングノート「Razer Blade Stealth 13」など11製品を投入
Razerは、第10世代Coreを採用した13.3型/15.6型ゲーミングノートPC計11製品の発表を行った。(2020/6/17)

デル、モバイルワークステーション「Precision」シリーズ6製品を投入 第10世代Core採用
デルは、モバイルWS「Dell Precision」の新モデル計6製品の発表を行った。(2020/6/11)

TSUKUMO、クリエイター向けのQuadro搭載デスクトップ新モデル
Project Whiteは、Quadroシリーズを標準搭載したタワー型デスクトップPCの販売を開始した。(2020/6/10)

エッジAI:
PR:自動車部品メーカーが販売する外観検査AIシステム、その開発基盤とは
AIの活用が進みつつある製造業から注目を集めているのがエッジAIプラットフォーム「NVIDIA Jetsonシリーズ」だ。菱洋エレクトロは、開発元のNVIDIAと協力してさまざまな顧客企業のエッジAIシステムの開発を強力に支援。既に、武蔵精密工業の外観検査AIシステム「Neural Cube」や、日本ユニシスの小売店舗向けAI業務代行ロボット「RASFOR」といった実績も積み上げている。(2020/6/1)

Intelの10コア20スレッドCore i9+Z490:
第10世代Core×Quadro RTX 4000のパワーはいかに? マウスのクリエイター向けPCを試す
Intelが投入したデスクトップPC向け第10世代Coreプロセッサ(Comet Lake)と、Intel Z490チップセットを搭載したPCが続々と登場している。その中から、マウスコンピューターのクリエイター向けモデル「DAIV Z7-QR4」を取り上げる。新モデルの性能はどの程度のものなのだろうか。(2020/5/21)

マウス、第10世代Core搭載のハイスペックデスクトップ2機種を発売
マウスコンピューターは、ゲーミングPC「G-Tune」およびクリエイターPC「DAIV」に第10世代Core搭載のハイスペックモデルを追加した。(2020/5/20)

AMDがプロ向けGPU「Radeon Pro VII」を発表 デザインシミュレーション、4K/8K動画編集や高機能計算を想定
AMDが、プロ向けGPU「Radeon Pro」の新モデルを発売する。デザインシミュレーション、4K/8K動画や高機能計算(HPC)の3用途での利用を想定しているという。合わせて、デバイスドライバーやレンダリングエンジンも更新される。(2020/5/13)

Microsoftが発表した6つのSurfaceブランド製品まとめ 日本でも5月と6月に発売
MicrosoftがSurfaceブランドのノートPCやイヤフォン、ヘッドフォンなどの新モデルを発表。新型コロナウイルスの影響で発表イベントは開催しなかったが、ほとんどの製品は5月あるいは6月に日本でも発売する。(2020/5/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。