ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「モバイルワークステーション」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「モバイルワークステーション」に関する情報が集まったページです。

レノボ、Core Ultraを搭載したモバイルワークステーション「ThinkPad P1 Gen 7」など3製品
レノボ・ジャパンは、同社製モバイルワークステーション「ThinkPad P1」「ThinkPad P14s/P16s」の新モデルを発表した。(2024/5/28)

不登校児童生徒をメタバースで救えるか? レノボが大阪教育大学とタッグを組んだ理由
レノボ・ジャパンと大阪教育大学が、教育と研究などの分野で協力し、教育課題の解決等を目的とする包括提携協定を結んだ。調印式は、開設されたばかりの大阪教育大学天王寺キャンパスにある「みらい教育共創館」で実施され、「1人も取り残すことのない教育」支援の方法が提示された。(2024/4/18)

日本HP、Ryzen PRO 8040シリーズを搭載した14型/16型モバイルワークステーション
日本HPは、最新のRyzen PROプロセッサを採用したモバイルワークステーション「HP ZBook」シリーズ2機種を発表した。(2024/4/17)

MSI、Core i7+RTX A1000を搭載した16型モバイルワークステーション
エムエスアイコンピュータージャパンは、第13世代Core i7を採用した16型モバイルワークステーション「CreatorPro-M16-B13VI-1301JP」を発売する。(2024/4/11)

Lenovo、生成AIワークフローに向く“NVIDIA AI”搭載ワークステーションを発表
Lenovoはこのほど、NVIDIA AI Enterprise/同 AI Workbenchを搭載したワークステーションの発表を行った。(2024/4/9)

日本HP、“量子コンピューティングによる攻撃”も見据えたセキュリティ強化の法人向けPCをアピール
最新のIntel Core Ultraプロセッサ搭載モデルを個人向けノートPCおよび法人向けノートPC、モバイルワークステーションに拡充する。(2024/3/28)

日本HP、個人/法人向けノート「Envy」「HP EliteBook」「HP ZBook」にCore Ultra搭載の新モデルを一挙投入
日本HPは、同社製個人向けノートPC「Envy」および法人向けノートPC「HP EliteBook」、モバイルワークステーション「HP ZBook」のラインアップにCore Ultraを搭載した新モデルを追加した。(2024/3/28)

「ThinkPad」2024年モデルは何が変わった? 見どころをチェック!
レノボ・ジャパンがThinkPadの2024年モデルを発表し、一部は即日発売した。2024年モデルは、ThinkPadファン目線でも結構変更点が多い。かいつまんで紹介していこう。(2024/3/26)

メカ設計ニュース:
AIやグラフィックス処理に適したワークステーションの新モデル6機種を発売
デル・テクノロジーズは、「Dell Precisionワークステーション」の新モデルを発売した。モバイルとタワー型ワークステーションの計6モデルで、高度なAIやグラフィックスを効率的に処理できる。(2024/3/26)

製品レビュー:
PR:今こそ3Dビジュアライゼーションを設計開発の“攻めのツール”に!
設計開発におけるリスク解消のカギを握る3Dビジュアライゼーション。その価値が見直されようとしている今、オートデスクの「VRED」とデル・テクノロジーズのモバイルワークステーション「Dell Precision 7680」がその可能性を大きく広げる。(2024/3/22)

製造業向けワークステーション:
PR:ワークステーション需要高まる国内製造業 生成AI対応モデルや96コアCPUも
製造業においてワークステーションの需要が高まっている。CADやCAEを用いる設計開発部門だけでなく、スマート化が進む工場やAI活用の場面で利用される機会が増えているのだ。この需要に応えるべく「Dell Precision」ブランドで充実したラインアップを展開しているのがデル・テクノロジーズだ。(2024/3/14)

HP Amplify Partner Conference 2024:
「見たまま印刷」から「AIで望み通りに印刷」へ――HPの新プリンタソフトウェアが革命を起こしそうな件
HPが3月6日と7日(米国太平洋時間)に開催した年次イベント「HP Amplify Partner Conference 2024」では、同社の戦略が語られた他、同社にパートナー企業のCEOも登壇するなど一定の盛り上がりを見せた。NVIDIAのジェンスン・フアンCEOやAMDのリサ・スーCEOも登場したのだが、個人的に一番注目したいのが「プリンタソフトウェア」だ。(2024/3/14)

デル、Core Ultra搭載のLatitudeなど法人向けPCを刷新 ビジネスPCも“AI PC”へ
ビジネス向けノートPC「Latitude」シリーズにもCore Ultra搭載モデルが登場した。「Copilotキー」の搭載など、いわゆる「AI PC」をビジネスPCにも展開する。(2024/3/13)

MWC Barcelona 2024:
IntelがvPro対応「Core Ultraプロセッサ(シリーズ1)」「Coreプロセッサ(第14世代)」を発表
Intelが「Core Ultraプロセッサ(シリーズ1)」「Coreプロセッサ(第14世代)」におけるvProプラットフォームの対応状況を発表した。Core Ultraプロセッサについては、AIベースで脅威を検知する機能など、新要素が複数盛り込まれている。(2024/2/28)

NVIDIA、エントリークラスのプロ向けモバイルGPU「NVIDIA RTX 500/1000 Ada世代」を発表
NVIDIAは、“Ada Lovelace”アーキテクチャを採用するモバイル向けGPU「NVIDIA RTX 500 Ada世代」「NVIDIA RTX 1000 Ada世代」の発表を行った。(2024/2/27)

Intelがデスクトップ/ハイエンドモバイル向け「Coreプロセッサ(第14世代)」発表 モバイル向けには「Core U(シリーズ1)」を投入
Intelが新型CPUを一気に発表した。今回発表されたものは、いずれも第13世代Coreプロセッサ(Raptor Lake)のリフレッシュ製品で、Core Ultraプロセッサではリーチできないニーズに応える。【訂正】(2024/1/9)

検証レポート:
PR:待つのが当たり前だった高負荷作業をオートデスクの「Inventor」と最新ワークステーションで解消
オートデスクの3D CAD「Inventor」とデル・テクノロジーズのワークステーション「Dell Precisionシリーズ」を用いて、実務で重要となるファイルオープン、描画品質、レンダリングのパフォーマンスを検証した。(2023/12/15)

XR活用最前線:
実物を作る前に現実空間でデザインを検討/評価、MRを積極活用するイトーキ
テクノロジーとデザインの融合による価値創出に取り組むオフィス家具メーカーのイトーキは、製品開発のデザイン検討でMR技術を積極的に活用している。(2023/11/8)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
営業の現場を変革、3D CADを快適に動かす最新モバイルワークステーションの実力
3D CAD/CAEなどのツールを動かすモバイルワークステーションの登場により、営業の現場業務は大きく変化した。同製品の最新世代モデルへの移行で、業務の劇的な効率化を実現したリコージャパンの事例を基に、その導入メリットを解説する。(2023/3/19)

第13世代Coreプロセッサ搭載の先進ビジネスモバイルPC「HP Dragonfly G4」のビジネス戦闘力は? 徹底的に検証してみた
日本HPの13.5型モバイルノートPC「HP Dragonfly G4」は、同社の要望によってグローバル投入された「Dragonfly」の第4世代モデルだ。今回は、その“ビジネス戦闘力”を検証していく。(2023/10/23)

エルザ、15.6型モバイルWS「VELUGA G5-NM」にGeForce RTX 4050搭載の下位構成モデルを追加
エルザ ジャパンは、同社製15.6型モバイルワークステーション「VELUGA G5-NM」シリーズにGeForce RTX 4050を搭載するバリエーション構成モデルを追加した。(2023/10/19)

エルザ、モバイルWS「ELSA VELUGA」シリーズの4年保証モデルを追加
エルザ ジャパンは、同社製モバイルWS「ELSA VELUGA」シリーズの販売ラインアップに4年保証モデルを追加した。(2023/10/16)

設計開発環境:
PR:SOLIDWORKSもサクサク動く、18万円台で購入可能なモバイルワークステーション
製造業にとって必要不可欠なワークステーションは、コロナ禍を契機に利用形態が大きく変わりつつある。リモートワークやハイブリッドワークに対応するためモバイルワークステーションを活用した「設計環境のモバイル化」が進んでいるのだ。(2023/10/13)

検証レポート:
PR:3D CADユーザーがどこでも設計業務を行うための“武器”には何が必要か
コロナ禍で広がったリモートワークの動きが設計業務にも広がり続けている。ただ、高いコンピューティング能力が必要な設計やシミュレーションなどの作業が「本当にリモートワークで可能なのか」について、多くの設計者は不安に感じていることだろう。そこで本稿では、設計者向けモバイルワークステーションとして日本HPが2023年春にリリースした「HP ZBook Power 15.6 inch G10」を現役の3D CADエンジニアが検証した。(2023/10/2)

「HP ZBook Firefly G10 A」は仕事のパフォーマンスを常に発揮したいハイブリッドワーカーに適したモバイルワークステーションだ
日本HPが発売したモバイルワークステーション「HP ZBook Firefly G10 A」(G10 AMDモデル)は、AMDの最新APU「Ryzen PRO 7040HSシリーズ」を搭載するエントリークラス製品だ。今回はRyzen 7 PRO 7840HSを搭載し、LTE通信機能も備える「スタンダードPlus LTEモデル」の実力をチェックしていく。(2023/9/27)

レノボ、Ryzen Proを採用した14型/16型モバイルワークステーション
レノボ・ジャパンは、モバイルRyzen Proプロセッサを搭載する14型/16型モバイルワークステーション計3製品を発売する。(2023/8/29)

PR:薄型軽量×高コスパ×ISV認証 ビジネスの生産性を向上させるモバイルワークステーションの実力を確かめてみた
日本HPのモバイルワークステーション「HP ZBook Firefly」シリーズに加わった、AMD Ryzen™ PRO 7040 シリーズ・プロセッサ採用「HP ZBook Firefly 14inch G10 A」の実力は? あらゆる角度から同製品をチェックしてみた。(2023/7/14)

医療機器ニュース:
ホームリーディングに適したUSB Type-C搭載の医用モニターを発売
EIZOは、自宅での遠隔読影に適した性能を備えた30.5型医用画像表示モニター「RadiForce MX317W」を発売する。同社の医用モニターとしては初めて、入力端子にUSB Type-Cを搭載している。(2023/7/10)

デルの法人向けPCがシェア拡大できた理由とは? 成果が出た2つの取り組みを執行役員に聞く
デル・テクノロジーズの法人向けPCが元気だという。その成長の原動力や取り組みの内容を、大河原克行氏が同社担当者に聞いた。(2023/7/7)

導入事例(リコージャパン):
PR:3D CAD/CAE導入支援業務を支えるモバイルワークステーションという名の相棒
優れた性能と可搬性を兼ね備えるデル・テクノロジーズのモバイルワークステーション「Dell Precision 5470」を導入し、常に移動を伴う3D CAD/CAE導入支援業務の効率化や生産性向上、ハイブリッドワークを取り入れた新たな働き方を支援しているリコージャパンの事例を紹介する。(2023/6/26)

日本ものづくりワールド 2023:
大手3D CADベンダー3社が夢の共演!? 設計者に最適なワークステーションを訴求
デル・テクノロジーズは「日本ものづくりワールド 2023」に出展し、オートデスク、PTC、SOLIDWORKSとともに、各社の3D設計開発ソフトウェアが快適に動作する設計者向け最新ワークステーション「Dell Precision」シリーズを訴求した。(2023/6/27)

抽選でAmazonギフトカードが当たる:
PR:「ITインフラの導入・入れ替え」に関するアンケート 回答ページ
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(3000円分)をプレゼント。(2023/6/26)

製品担当者に聞いた:
PR:ハイブリッドワーク時代に向けて設計者が選ぶべきモバイルワークステーション
製造業でもハイブリッドワークが広がりつつある。デル・テクノロジーズの最新ワークステーション「Dell Precisionシリーズ」の中で特に設計者にお薦めしたいのがモバイルワークステーション「Dell Precision 3581」と「Dell Precision 5680」だ。(2023/6/26)

日本HP、軽量設計の13.5型モバイルノート「HP Dragonfly G4」など法人向けノート/モバイルWSを発表
日本HPは、法人向けノートPC/モバイルワークステーション計8製品を発表した。(2023/6/20)

Zen 4アーキテクチャの「Ryzen PROプロセッサ」登場 モバイル向けは一部を除きAIプロセッサを搭載
AMDが企業向けの管理/セキュリティ機能を強化したCPUを発表した。モバイル向けの「Ryzen PRO 7040シリーズ」は、エントリーモデルを除き機械学習ベースのAIを処理するための専用プロセッサを搭載しており、オンデバイスAI処理が高速にこなせることが特徴だ。(2023/6/13)

エルザ、第13世代Core i7を採用した15.6型モバイルワークステーション
エルザ ジャパンは、Core i7+GeForce RTX 40シリーズを搭載する15.6型モバイルワークステーション「ELSA VELUGA G5-NM 15」シリーズを発表した。(2023/5/29)

メカ設計メルマガ 編集後記:
コロナ禍で設計環境はどう変化した? 定着したもの/今後の可能性を示したもの
働きやすさの実現に向けた環境整備が進みましたね。(2023/5/23)

デル、13世代Core i9の搭載に対応した14型/16型モバイルワークステーション
デル・テクノロジーズは、第13世代Coreプロセッサを採用した14型/16型モバイルワークステーション2製品を発表した。(2023/5/22)

MSI、第13世代Core i9搭載17型ゲーミングノート「Vector GP78 HX 13V」の新モデルを発売
エムエスアイコンピュータージャパンは、第13世代Core i9を標準搭載したハイスペック仕様の17型ゲーミングノートPC「Vector GP78 HX 13V」にバリエーション構成モデル2製品を追加した。(2023/5/19)

メカ設計ニュース:
日本HP、高性能GPUを最大4基搭載できる最新Xeon採用ワークステーションなど発表
日本HPは、東京都内で「プロフェッショナルのハイブリッドワークを支援する新製品発表会」を開催し、高性能ワークステーション製品の新ラインアップを発表した。(2023/4/19)

フル装備だとポルシェも買える程に! 日本HPの「Z Workstation」新モデルを見てきた
日本HPは、同社製デスクトップおよびモバイル向けワークステーションのラインアップ刷新を発表、計12製品を投入する。(2023/4/18)

検証レポート:
PR:SOLIDWORKSユーザーが設計者CAEをフル活用できるワークステーションは?
設計者CAEツールとして定評のある「SOLIDWORKS Simulation」と最新ソリューションの「3DEXPERIENCE Works Simulation」のパフォーマンスを、第12世代インテル(R) CoreTM プロセッサーを搭載したデル・テクノロジーズのワークステーション「Dell Precisionシリーズ」を用いて検証した。(2023/4/3)

デルがビジネス向けノートPC「Latitude」の新モデルを投入 900g台の軽量モデルも用意
デル・テクノロジーズは、ビジネスノート「Latitude」シリーズのラインアップを刷新し、計10モデルを発表した。モバイルワークステーション「Precision」にも新モデルが登場する。【更新】(2023/3/28)

インテルがクリエイターをサポートし始めて分かった「口コミ」の大切さ 広がる「Blue Carpet Project」の取り組み
インテルのクリエイター支援プロジェクト「Blue Carpet Project」が始まって1年が経過した。同プロジェクトは順調に規模を拡大しており、「口コミ」での参加者も増えているという。同社が直近の状況と、今後の見通しを報告した。(2023/3/27)

プロ向けGPUをさらに強化 「NVIDIA RTX Ada」にモバイル/コンパクトデスクトップ向け登場
NVIDIAのワークステーション向けGPU「NVIDIA RTX Adaシリーズ」に、モバイルワークステーション向け製品とコンパクトデスクトップワークステーション向け製品(グラフィックスカード)が登場する。旧世代アーキテクチャの製品も併売することで、ラインアップ全体の若返りが図られている。(2023/3/23)

検証レポート:
PR:「SOLIDWORKS 2023」のパフォーマンスをさらに高める最新ワークステーション
国内外で広く普及する3次元設計開発ソリューション「SOLIDWORKS」。デル・テクノロジーズのワークステーション「Dell Precisionシリーズ」を用いて3D CAD、グラフィックス、レンダリングの3項目についてパフォーマンスを検証した。(2023/3/22)

設計業務の変革とその先に向けて:
PR:スモールスタートで製造業DXの第一歩を踏み出せるデジタル活用の“現実解”
製造業にもDXの波が押し寄せている。だが、実際に成果に結び付けられている現場はごく少数だ。一挙に進めようとすると大きな負担を強いられるDXだが、スモールスタートであれば地に足をつけながら段階的に無理なく進められるはずだ。そのようなニーズに応える「VDIクラウド for デジタルツイン」という選択肢を紹介する。(2023/2/13)

BIM本格化に向けた作業環境の在り方:
PR:“インテル Core プロセッサー×ECCメモリ”が今後のスタンダードに?「BIM原則適用」に備える最適なワークステーションの選び方
2023年から、全ての公共事業にBIM/CIM原則適用がスタートするなど、BIM活用がいよいよ本格化する。ただし、そこで浮上している厄介な課題がBIMを動かすための“ワークステーション選定”だ。数多くの製品があるなかで、BIMソフトウェアに適したスペックの見極めは一筋縄ではいかない。参考になるのが“売れ筋”だろう。(2023/2/6)

CES 2023:
モバイル向け「第13世代Coreプロセッサ(Raptor Lake)」登場 新型エントリーCPUや一般デスクトップ向けCPUも追加
Intelがハイエンドデスクトップ向けを先行発表していた「第13世代Coreプロセッサ(Raptor Lake)」。その追加ラインアップが発表された。合わせて、エントリー向けの新型CPUも発表されている。【更新】(2023/1/3)

IT産業のトレンドリーダーに聞く!(日本HP 前編):
「チャンス」を的確に生かす日本HPが躍進する理由
コロナ禍以降も、経済環境や社会情勢が激変する2022年。さらに急激な円安が進む中でIT企業はどのような手を打っていくのだろうか。大河原克行氏によるインタビュー連載の第2回は日本HPだ。(2022/12/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。