ニュース
» 2018年02月20日 15時28分 公開

エイサー、4万円台からのスタンダードDLPプロジェクター3製品

日本エイサーは、DLP方式を採用したスタンダードプロジェクター計3製品「X118H」「X128H」「X138WH」を発売する。

[ITmedia]

 日本エイサーは2月20日、スタンダードプロジェクター計3製品「X118H」「X128H」「X138WH」を発表、2月22日に発売する。価格はオープン、予想実売価格はそれぞれ4万円前後、4万7000円前後、5万5000円前後だ(税別)。

photo X118H、X128H、X138WH

 3製品はいずれもDLP方式を採用したエントリークラスのプロジェクターで、X118Hは800×600ピクセル表示、X128Hは1024×768ピクセル表示、X138WHは1280×800ピクセル表示にそれぞれ対応した。コントラスト比はいずれも2万:1、輝度は3600ルーメン(X138WHは3700ルーメン)だ。

 表示機能としては、ブルーライトを軽減できる「Acer BluelightShield」や、暗いシーンでも暗部を視認しやすくなる「Dynamic Black テクノロジー」なども備えた。

 映像入力はHDMI、アナログD-Sub(またはコンポーネントビデオ)、コンポジットビデオに対応した。出力3Wのスピーカーも内蔵、本体サイズは400(幅)×340(奥行き)×168(高さ)mm、重量は4.02kg。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう