ニュース
» 2018年04月10日 14時27分 公開

ソニー、左右独立型で防滴機能も備えたスポーツ向けワイヤレスイヤフォン

ソニーは、ノイズキャンセリング機能と防滴機能を搭載した左右独立型Bluetoothワイヤレスイヤフォン「WF-SP700N」など3製品を発表した。

[ITmedia]

 ソニーは4月10日、ノイズキャンセリング機能と防滴機能を搭載した左右独立型Bluetoothワイヤレスヘッドセット「WF-SP700N」を発表、4月28日に発売する。カラーバリエーションはブラック、ピンク、イエロー、ホワイトの4色を用意。価格はオープン、予想実売価格は2万3000円前後だ(税別)。

photo

 Bluetooth 4.1接続に対応したワイヤレスヘッドセットで、ケーブルのない左右独立型デザインを採用しつつIPX4相当の防滴機能を実現した。また外部の騒音をカットできるデジタルノイズキャンセリング機能も搭載。外部の音を聞き取りやすくする「アンビエントサウンド(外音取り込み)モード」も備えており、任意にモードの切り替えが可能だ。

photo
photo

 内蔵バッテリーの駆動時間は最大約3時間(連続音声再生時)で、本体を約2回分充電可能な専用ケースも付属する。


 この他、ノイズキャンセリング機能と防滴機能を備えたネックスタイル型Bluetoothワイヤレスイヤフォン「WI-SP600N」、防滴型のネックスタイル型Bluetoothワイヤレスイヤフォン「WI-SP500」も合わせて発売される。予想実売価格はそれぞれ1万9000円前後、9000円前後だ(ともに税別)。

photophoto WI-SP600N(左)、WI-SP500(右)  カラーバリエーションはともにWF-SP700Nと同様の4色展開となっている

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう