ニュース
» 2018年04月17日 18時30分 公開

Intel、CPU統合GPUでマルウェアスキャンが可能に CPU負荷と消費電力を低減

米Intelはプロセッサのセキュリティ新技術「Threat Detection Technology」および「Security Essentials」を発表した。

[ITmedia]

 米Intelは4月16日(現地時間)、同社製プロセッサの新たなセキュリティ技術「Threat Detection Technology(TDT)」および「Security Essentials」を発表した。

Security Essentials 「Security Essentials」

 TDTは、「Accelerated Memory Scanning」と「Advanced Platform Telemetry」の2つで構成される。

 Accelerated Memory ScanningはシステムメモリのマルウェアスキャンをCPUに統合されたグラフィックス機能(統合GPU)で実行する機能。これまではCPUで実行していたが、統合GPUを使うことで、より多くのスキャンが可能になるとともに、パフォーマンスや消費電力への影響を抑えられる。これにより、CPU使用率は従来の20%から最小で2%まで下がり、消費電力も下がる。Microsoftの「Windows Defender Advanced Threat Protection(ATP)」が同技術に対応する。

 Advanced Platform Telemetryは、プラットフォームに備わった遠隔監視を行うテレメトリー機能と機械学習アルゴリズムを組み合わせることで、セキュリティ上の脅威の検出精度を向上しつつ、誤検出を減らしてパフォーマンスへの影響を最小化する。Cisco Systemsのデータセンター管理プラットフォーム「Cisco Tetration」が、これらの機能を活用する最初の製品になる予定だ。

 Security Essentialsは、Core、Xeon、AtomといったIntelプロセッサ全体にわたって共通化されたハードウェアベースのセキュリティ機能群を提供するもの。セキュアブート、データや暗号鍵などを用いたハードウェア保護、暗号化、アプリケーション実行時における信頼された実行領域などの機能を提供する。

 なお、今回のセキュリティ強化は、2017年1月に発表されたプロセッサ脆弱(ぜいじゃく)性の「Spectre」と「Meltdown」を解決するためのものではない。

関連キーワード

CPU | Intel | セキュリティ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう