ニュース
» 2018年05月08日 13時17分 公開

Arm、物理的な脅威からデバイスを保護できるIoTデバイス向け最新プロセッサ「Cortex-M35P」

英Armは、物理的攻撃への対策機能を実装したIoT向け最新プロセッサ「Cortex-M35P」を発表した。

[ITmedia]

 英Armはこのほど、物理的攻撃への対策機能を実装したIoT向け最新プロセッサ「Cortex-M35P」を発表した。

photo

 チップの実装レベルでの脆弱性を悪用する“物理的攻撃”を想定した堅牢仕様のプロセッサで、耐改ざん性を重視した設計となっているのが特徴。ソフトウェアの改ざんを防止する「Arm TrustZone技術」なども導入、ISO 26262認証にも対応する。

 なおプロセッサ名末尾の「P」は物理的な攻撃からの保護を設計に取り入れたセキュアIPであることを意味するもので、今後の製品にも同様の命名が行われるとしている。

関連キーワード

ARM | Cortex | 改ざん


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう