ニュース
» 2018年06月21日 16時22分 公開

Artec Ray、ビルやジェット機もスキャンできる特大サイズ対応のレーザー3Dスキャナー

Artec Rayは、大型対象物のリバースエンジニアリングや品質管理、検査などに向くレーザー3Dスキャナー「Artec Ray」を発表した。

[ITmedia]

 Artec Rayは6月21日、大型対象物のリバースエンジニアリングや品質管理、検査などに向くレーザー3Dスキャナー「Artec Ray」を発表、本日から日本国内で販売を開始する。

photo Artec Ray

 高性能レーザーテクノロジーを採用する大型オブジェクト対応の3Dスキャナーで、風力タービンや船のプロペラ、飛行機、建物などのさまざまな大型物の3Dスキャンが可能だ。対象物の前に設置した三脚に取り付けるだけでスキャン作業を実行でき、最長で約110m離れた場所までのスキャンを行える。

 バッテリーを内蔵しており、単独でのスキャンも可能。駆動時間は最長で約4時間だ。本体サイズは118(幅)×287(奥行き)×200(高さ)mm、重量は5.74kg。

photo スキャン作業のイメージ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう