ニュース
» 2018年06月22日 11時47分 公開

Thermaltake、動作状態のモニタリングもできる税別約5万円の1500W電源

アスクは、Thermaltake製の1500W ATX電源ユニット「TOUGHPOWER DPS G RGB 1500W TITANIUM」の取り扱いを発表した。

[ITmedia]

 アスクは6月22日、Thermaltake製の1500W ATX電源ユニット「TOUGHPOWER DPS G RGB 1500W TITANIUM」の取り扱いを発表、6月29日に発売する。予想実売価格は4万9800円前後(税別)。

photo TOUGHPOWER DPS G RGB 1500W TITANIUM

 80PLUS TITANIUM認定を取得した高効率仕様のATX電源ユニットで、アイドル時の消費電力を低減できる「Intel C6/C7ステート」にも対応。電源ユニットのステータスを監視するコントローラーを内蔵しているのも特徴で、マザーボードにUSB接続を行うことで電源ユニットやCPU、グラフィックスカードのパフォーマンスなどをリアルタイムで監視できる。監視機能はPCの他にiOS/Androidデバイスからも利用可能だ。

 冷却ファンは静音仕様の140mm径ファンを内蔵。256色発光対応のLEDも内蔵しており、専用ユーティリティーで発光カスタマイズを行える。

 全ケーブルの任意着脱が可能なフルプラグイン式を採用。MTBF(平均故障間隔)は12万時間で、10年の新品交換保証も適用される。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう