ニュース
» 2018年07月19日 13時54分 公開

メカニカルスイッチを自由に交換できるコンパクトキーボード「KUMO」、Kickstarterで出資受付中

米カリフォルニア州ロサンゼルスのTheVan Keyboardsが提案する「KUMO」は、4列44キーのコンパクトな有線キーボード。キーレイアウトの変更やキースイッチ付け替えも可能。

[井上輝一,ITmedia]

 青軸、赤軸、黒軸、茶軸……。メカニカル式キーボードのキースイッチにはさまざまな種類があり、キーの重さやクリック感など、個性もそれぞれ。一度「この軸が良い」と思っても、その後別の軸の打ち心地に目移りすることもしばしば。

 そんなキーボード好きのための製品が、米Kickstarterに登場した。

「KUMO」

 製品の名は「KUMO」(雲)。米カリフォルニア州ロサンゼルスのTheVan Keyboardsが提案するこのキーボードは、4列44キーのコンパクトな有線キーボードだ。

 単にコンパクトというだけではない。エディタによるキーボードレイアウトの自由な変更や、はんだ付けなしのメカニカルスイッチ付け替えを可能としている。

 44キーというキーの少なさから、デフォルトの入力レイヤー以外に複数のレイヤーを用意。デフォルトレイヤーの一部のキーを他レイヤーへのトグルキーとすることで、さまざまなキー入力を可能にする。各レイヤーのキーレイアウトもユーザーが自由に指定でき、単キー入力やキーコンボ、メディア制御など好きなものを割り当てることができる。デフォルトレイヤー以外のレイヤー数は最大15枚まで追加できる。

 さらに、メカニカルスイッチの「ホットスワップ」にも対応。はんだ付けなしで、「Cherry MX」互換スイッチの付け替えができるという。

はんだ付けなしでキースイッチ付け替えが可能

 出資を受け付けているキーボードキットには、本体の他、キーキャップ52個、Kailh製のクリッキー、リニア、タクタイルタイプのスイッチのいずれかを50個、射出成形ケース、USBケーブル(Type-C to A)を付属する。

 キースイッチの種類の選択については出資受付を終えてから選べるようにする。

 早期出資者向けの、キーボードキット125ドルのプランはすでに満席。現在150ドルの出資でキーボードキットをバックするプランを受け付けている。

 プロジェクトタイプはAll or Nothingのため、資金調達目標の8万5000ドル(約960万円)に満たない場合はプロジェクトは非成立となる。出資受付は1カ月後の8月18日までで、7月19日午後1時時点で、約3万5000ドルを集めている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう