ニュース
» 2018年09月12日 11時42分 公開

エプソンダイレクト、第8世代Core i7を搭載した動画編集向けハイエンドPC

エプソンダイレクトは、「クリエイターPC」シリーズのラインアップに動画編集向けハイスペックモデルを追加した。

[ITmedia]

 エプソンダイレクトは9月12日、「クリエイターPC」シリーズのラインアップに動画編集向けハイスペックモデル「Endeavor Pro5900 動画編集Select」を追加、本日から受注を開始した。BTOカスタマイズにも対応、価格は33万9600円から(キャンペーン非適用時、税別)。

photo Endeavor Pro5900

 動画編集に適したハイスペック仕様のミドルタワー型PCで、最小構成時でCore i7-8700とGeForce GTX 1070 Tiを装備。カスタマイズでGeForce GTX 1080 TiやQuadro P2000も選択可能だ。

 最小構成時でメモリは16GB、ストレージは256GB SSDを、光学ドライブはBlu-ray Discドライブを内蔵する。OSはWindows 10 Home 64bit版だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう