PC USER Pro
ニュース
» 2018年11月01日 12時30分 公開

VAIOとBenQが電子黒板事業で提携 国内で「VAIO Liberta」ブランドとして販売を開始

VAIOと台湾BenQが電子黒板事業での提携を発表。BenQ製電子黒板の販売をVAIOが国内で担当する。

[ITmedia]

 VAIOと台湾BenQは11月1日、電子黒板事業での提携を発表した。

 今回の提携では、BenQ製の大型インタラクティブ・フラットパネル(IFP、電子黒板)のプレミアムラインをVAIOブランド「VAIO Liberta」とし、VAIOおよびBenQ日本法人のベンキュージャパンの国内法人販路で販売を行っていく。受注開始は2018年11月20日だ。

photophoto
photo VA6501K(左上)、VA7501K(右上)、VA8601K(下)

 発表されている販売ラインアップは、65型モデルの「VA6501K」、75型モデルの「VA7501K」、86型モデルの「VA8601K」の3製品。いずれも4K解像度に対応、10人までの同時ペン入力や、遠隔拠点との共同作業ができるLAN内画面共有機能なども利用できる。価格はいずれもオープンだ。

関連キーワード

BenQ | VAIO | 電子黒板 | ブランド戦略


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう