ニュース
» 2019年01月08日 12時55分 公開

CES 2019:Intelがデスクトップ用「第9世代Coreプロセッサ」を拡充 ”GPUなし”も登場

Intelのデスクトップ用「第9世代Coreプロセッサ」に、新たな仲間。“内蔵GPUなし”もラインアップした。ノートPC(モバイル)用は第2四半期までお預けだ。

[井上翔,ITmedia]

 Intelは1月7日(米国太平洋時間)、デスクトップPC用「第9世代Coreプロセッサ」のラインアップを拡充。1月初旬から6種類の新たな製品を出荷することを発表した。2019年第2四半期(4〜6月)には、今回の新製品を搭載するPCも登場する見通しだ。

デスクトップ用出荷開始 CESに合わせて発表された第9世代Coreプロセッサの追加ラインアップ

ラインアップの概要

 今回の発表では、追加ラインアップの具体的な発表はなかった。しかし、Intelの製品情報データベースには既に掲載されている。

 掲載済みの製品情報によると、今回追加される製品は以下の通り。いずれも「Coffee Lake」と呼ばれる開発コードネームのものだ。

 型番に「K」の付く製品は、従来通りオーバークロック対応品。一方、型番に「F」の付く製品は、GPUが未搭載(無効)となっており、「内蔵GPUは不要」という人にとっては良い選択肢になるかもしれない。ただし、F型番の製品は外部GPUがないと映像出力できないので注意しよう。

i5-9400i5-9400F Core i5-9400(左)とCore i5-9400F(右)の製品情報データベースを比較。前者にある「プロセッサー・グラフィックス」の項目が後者にはないことが分かる

ノートPC向け第9世代は「第2四半期」

 一方、ノートPC向けのCoreプロセッサは、現在の所「第8世代」で第9世代には移行していない。

 しかし、Intelのグレゴリー・ブライアント上席副社長は「2019年第2四半期(4〜6月)にモバイル向けの第9世代Coreプロセッサを投入する」と明言。ノートPC用のCoreプロセッサも世代交代を迎えることを明らかにした。

 発表会でのイメージ画像を見る限り、ノートPC用第9世代プロセッサは「Core i5」「Core i7」と「Core i9」を計画しているようだが、詳細が語られることはなかった。

ノートPC向け第9世代Coreプロセッサは2019年第2四半期に登場予定だが、詳細は語られず

取材協力:Consumer Technology Association

ニュース解説番組「NEWS TV」で記事をピックアップ

ITmedia NEWS編集部がYouTubeでお届けするライブ番組「ITmedia NEWS TV」で、この記事を取り上げています。ぜひ視聴・チャンネル登録をお願いします。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう