調査リポート
» 2009年11月06日 15時28分 UPDATE

調査リポート:ケータイ向け検索サイト、4割超が“ほぼ毎日使う”

MMD研究所が携帯電話向け検索エンジンの利用実態に関する調査の結果を発表。4割超が“ほぼ毎日使う”と回答し、検索結果に満足しているという回答は14.5%にとどまった。

[ITmedia]

 MMD研究所は11月5日、「携帯検索エンジンに関する利用実態調査」の結果を発表した。調査は10月9日から10月14日まで、協賛モバイルメディア11サイトの協力を受けて実施したもので、有効回答数は2795人。

 同調査によれば、携帯電話で検索サイトを利用する際のアクセス方法としては、「公式メニューの検索エンジンを利用する」ユーザーの割合が39.4%で最多となり、以下、「公式メニューとブックマークしている検索エンジンのどちらも利用する」が31.9%、「ブックマークしている検索エンジンを利用する」が25.3%と続いた。

 よく利用する携帯の検索サイトは、トップが72.1%の「Yahoo!モバイル」、2位が51.5%の「Googleモバイル」となり、これに「gooモバイル」が11.4%で続いた。2008年6月に発表した同様の調査結果と比較しても、Yahoo!モバイル、Googleモバイルのシェアは不動となっている。

 また携帯向け検索サイトを利用する主なきっかけは何かを聞くと、「ふと思いついた言葉・名前が気になって」検索するという回答が56.4%で最多。以下、「テレビで見た言葉・名前が気になって」が53.0%、「携帯サイトで見た言葉・名前が気になって」が48.6%と並んでいる。年代別に見ると、20代後半から40代以上に関しては「テレビで見た言葉・名前が気になって」が1位、10代以下、20代前半では「ふと思いついた言葉・名前が気になって」が1位と、異なる傾向が見られた。

 携帯の検索サイトで何を検索することが多いかを聞くと、男性では「携帯サイト(携帯ホームページ・SNS・ブログ等)」が38.3%で最多となり、「芸能人(芸能人名・オフィシャルブログ等)」が36.9%、「飲食店情報」が36.5%と続いた。女性では、「携帯サイト(携帯ホームページ・SNS・ブログ等)」が52.8%でトップとなり、次いで「音楽情報(楽曲名・歌詞等)」が48.4%、「単語・用語」が45.4%となっている。年代別に見ると、高年齢層ほどエンタメ系の情報がランクダウンし、生活情報の検索が上位に来る傾向が見られた。

 なお、携帯向け検索サイトの利用頻度について聞くと、「ほぼ毎日」という回答が43.4%でもっとも多く、これに「週に2〜3回」が29.7%で続いた。また、携帯検索サイトで必要な情報が見つかるまで、最大何サイトまで利用するかを調べたところ、10代では「5サイト以上」が34.7%だった。年代別に見ると、高年齢になるほど検索サイト数は減る傾向がある。いずれにせよ、検索サイトの検索結果に満足しているかという問いに「満足している」と回答したのは14.5%に留まり、73.6%が「普通」、11.9%が「不満」と回答した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.