ニュース
» 2010年04月16日 17時16分 UPDATE

モバイル連携が進むデジタルサイネージの可能性を探る――アークブレインがセミナー開催

モバイルとの連携が加速するデジタルサイネージ市場。その現状と今後の可能性について、事例を交えて紹介するセミナーをアークブレインが開催する。

[ITmedia]

 アークブレインが4月22日、「ケータイビジネスとの連携で加速するデジタルサイネージ市場の可能性と成功実例」と題したセミナーを開催する。参加料は2万9400円で、複数申し込みの場合は割引が適用される。

 モバイルとの連携が加速するデジタルサイネージ市場について、ジャーナリストの神尾寿氏が解説。COMELで経営企画部長を務める町田紘一氏とJR東日本企画 交通媒体本部で媒体開発部の部長を務める山本孝氏、ストリートメディア代表取締役の大森洋三氏は、事例を交えながら自社の戦略について説明する。

 会場は東京の銀座ブロッサム。申し込みはセミナー概要ページから。

セミナー概要
時間 講師 講演概要
13:00〜14:00 通信・ITSジャーナリスト 神尾寿氏 デジタルサイネージは、なぜ重要なのか?
14:10〜15:00 COMEL 経営企画部長 町田紘一氏 広告メディアとしてのデジタルサイネージの可能性
15:05〜15:55 JR東日本企画 交通媒体本部 媒体開発部 部長 山本孝氏 交通広告分野の課題と近未来マーケット&新素材
16:00〜16:50 ストリートメディア 代表取締役 大森洋三氏 ストリートメディアのデジタルサイネージ戦略



Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.