ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

  • 関連の記事

「COMEL」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「COMEL」に関する情報が集まったページです。

モバイル連携が進むデジタルサイネージの可能性を探る――アークブレインがセミナー開催
モバイルとの連携が加速するデジタルサイネージ市場。その現状と今後の可能性について、事例を交えて紹介するセミナーをアークブレインが開催する。(2010/4/16)

ヤフーとCOMELが提携――デジタルサイネージ事業の強化で
ヤフーとCOMELが業務・資本提携すると発表。デジタルサイネージ事業の強化が狙いで、今後は共同でシステム開発や事業展開を行う。(2010/2/1)

ヤフー、デジタルサイネージ事業を強化へ
ヤフーはデジタルサイネージ事業の強化を目指し、COMELと業務・資本提携する。端末用のコンテンツ管理システムを新たに開発するとしている。(2010/2/1)

神尾寿のMobile+Views:
3G通信内蔵の最先端デジタルサイネージ――COMELの「福岡街メディア」を見る
“通信とリアルの連携型ビジネス”をいかに展開するかが重要視される中、3Gを内蔵したデジタルサイネージの展開で注目を集めているのがCOMELの「福岡街メディア」だ。このメディアの展開規模や広告効果などの現状と、今後の展開について聞いた。(2009/10/5)

ワイヤレスジャパン2009:
モバイルプロジェクト・アワード2009授賞式開催──11プロジェクトが受賞
モバイルコンテンツ部門、モバイルプラットフォーム部門、モバイルソリューション部門、モバイルハードウェア部門という4部門で優秀賞と最優秀賞が選出された「モバイルプロジェクト・アワード2009」。その授賞式がワイヤレスジャパンの会場で開催された。(2009/7/24)

デジタルサイネージジャパン 2009:
2009年、デジタルサイネージのトレンドは?――携帯電話&chumby編
デジタルサイネージの最近の進化の中で見逃せないのが、携帯電話を利用したアプローチが増えていること。“身近なデータ端末”という携帯電話の特性を生かし、よりパーソナルにデータを配信しようとする新しい試みを紹介する。(2009/6/12)

福岡県の警察や商店街、デジタルサイネージに防犯情報を配信
福岡県に設置しているデジタルサイネージに、福岡県警察が発信する地域情報が配信される。(2009/6/3)

福岡市で実証実験:
ヤフー、デジタルサイネージで新規事業を開拓へ
ヤフーは、デジタルサイネージとインターネット広告の親和性を検証する実証実験を4月に開始した。視認性や広告効果を検証し、デジタルサイネージ事業の展開につなげる。(2009/4/10)

ヤフーなど、デジタルサイネージにWebコンテンツ配信実験
デジタルサイネージに「Yahoo!JAPAN」のコンテンツや広告を配信し、広告効果を測る実験が福岡で始まった。(2009/4/10)

視認性を検証:
フライデーのスクープ記事は注目を集めるか 福岡のデジタルサイネージで実験
COMELが福岡で設置を拡大するデジタルサイネージにフライデーや週刊現代のスクープ記事を配信し、視認効果を測定する実証実験が始まった。(2009/3/5)

近くのラーメン店の口コミ、デジタルサイネージに表示 「食べログ」と連携
福岡市内に設置したデジタルサイネージに、「食べログ」に書き込まれたラーメン店の口コミを配信するサービスを始めた。(2009/3/4)

「瞬刊フライデー」「瞬刊現代」 デジタルサイネージで「瞬刊誌」実験
講談社とCOMELは3月4日から、デジタルサイネージを活用して「週刊フライデー」「週刊現代」を宣伝する実験を福岡で始める。3秒間だけコンテンツを見せる「瞬刊誌」という新メディアを試す。(2009/3/3)

高速の携帯電話回線を利用した電子広告配信システムを開発
COMELとバンテンは、3G携帯電話の高速規格「HSDPA」を利用した電子広告配信システムを開発した。(2007/10/15)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。