ニュース
» 2010年11月16日 21時58分 UPDATE

屋内施設で“ケータイ国盗り合戦”――Androidアプリで実証実験

マピオンが、屋内でも楽しめる“ケータイ国盗り合戦”の開発に着手。無線LANを利用した位置測定によるゲームをAndroidアプリで開発する。

[ITmedia]

 マピオンは、位置情報を活用した携帯電話向け人気ゲーム「ケータイ国盗り合戦」を、屋内の商業施設やイベントでの利用に対応させると発表した。

 屋内対応版はAndroidアプリとして開発され、経済産業省のG空間プロジェクトの一環として2011年2月をめどに、横浜の商業施設で実証実験を実施する予定。これに先立ち、マピオンでは年内にもAndroidへの対応を完了させる。

 屋内の位置測位技術には、無線LANのアクセスポイントから位置を測位するクウジットの「PlaceEngine」を採用。位置情報を取得しながら館内を周遊するスタンプラリーゲームを提供する。

 マピオンでは実証実験を通じて、屋内位置情報サービスの基盤整備、屋内外のシームレスな位置情報提供基盤の整備、屋内位置情報のサービス効果などについての検証を行う。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.