ニュース
» 2011年03月07日 17時13分 UPDATE

撮った名刺を自動でテキスト変換 「Bizcaroid Lite」

「Bizcaroid Lite」はOCR機能を備えた無料の名刺管理アプリ。カメラで撮った名刺の文字を読み取り、自動でテキスト化してくれる。

[ITmedia]
Photo 端末の内蔵カメラで撮影した名刺データを自動でテキスト化する
photo Bizcaroid Lite

 OMRON Softwareが開発する「Bizcaroid Lite」は、無料の名刺管理アプリ。OCR機能を搭載しており、Android端末に搭載されたカメラで名刺を撮影すると、自動で名刺の内容を読み取り、テキスト化する。名前や会社名、住所、電話番号などの分類も自動で行うなど、便利なアプリだ。

 読み取った内容はアドレス帳に登録できるほか、撮影した名刺の画像ファイルをEvernoteに送信する機能も装備。取引先などの膨大な名刺を次々撮影すれば、あとはアプリがデータ化してくれるので、手間をかけずに名刺をデータベース化することが可能だ。

 なお、横書きの名刺の認識率は高いが、縦書きの住所や縦横が混在した名刺の認識率は若干落ちる傾向にある。データは編集することができるので、誤認識された場合は自分で修正しておこう。

 通常、名刺をデータベース化するには、PCやスキャナ、OCRソフトが必要となるが、Android端末とBizcaroid Liteがあれば、同じような環境が整えられる。また、いつでもどこでも名刺をファイリングできるのだから、忙しいビジネスパーソンにはありがたいアプリだ。

photo Bizcaroid Lite

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.