ニュース
» 2011年04月15日 15時18分 UPDATE

Androidに対する脅威から端末を保護 「カスペルスキーモバイルセキュリティ9」

カスペルスキーが、Android端末向け「カスペルスキーモバイルセキュリティ9」の試用版を公開。マルウェア対策機能や紛失時のリモートワイプ、スパムメールのブロック機能などを備える。

[ITmedia]
Photo 大きく4つのセキュリティ機能を用意(画面=左)。ホーム画面にウィジェットとして設定できる(画面=右)

 カスペルスキーは4月14日、Android向けセキュリティ製品「カスペルスキーモバイルセキュリティ9」を発表した。同日から無料の体験版の提供を開始している。

 このアプリは、さまざまな脅威からAndroid端末を保護するためのもの。マルウェアからの保護機能やGPSを利用した端末の追跡機能、迷惑電話やスパムメールのブロック機能、端末内データの保護機能、盗難対策機能を備える。

 盗難/紛失時には、パスワードをSMSでAndroid端末に送信することで端末をロックでき、あらかじめ指定したデータを削除することも可能。端末がロックされた場合に表示する画面を設定でき、持ち主の連絡先などを表示させることも可能だ。

 また、端末に別のSIMカードが差し込まれた場合に、端末をロックしたり、差し込まれたSIMの電話番号をメールする機能も装備している。

 対応端末はAndroid 1.6〜2.2を搭載したNTTドコモ、au、ソフトバンクモバイル端末。体験版は特設サイトからダウンロードできる。

Photo 「アンチウイルス」「プライバシー保護」の設定画面
Photo 「盗難対策」「着信拒否」の設定画面
photo カスペルスキーモバイルセキュリティ9(試用版)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.